※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

シニアが作るブログの意義と題材探し

ブログを始めることは、シニアにとって新たな可能性を開く一歩となります。

このデジタルな手段を利用することで、シニアは自身の知識、経験、そして情熱を世界と共有することができるのです。

ブログは、創造的な表現の場であり、シニアの社会的な孤立から脱却し、同じ興味や価値観を持つ人々とつながりを作るための素晴らしい方法です。

しかし、ブログを書くということをしようとしても、何を書いていいか分からないという人が多くいます。

ブログは、読者の悩みを解決するものであって、日々の出来事などを書くものではないと教えられると、何を書いていいか分からないというのが本音です。

ブログを毎日更新するために、日々の出来事と違うテーマで毎日書くということは難しい問題で、最初は何とか絞り出して書いたものの、これを何年も継続して書くとなると途中で挫折してしまうのです。

そこで、今回はどうすれば記事が毎日の様に書けるか、また、記事の題材はどこから見つけ出してくるかという点について考えてみることにします。

ブログは読者が知りたい情報の答えが見つかればいいのです。

それがブログを書く意味であり使命なのです。

だから、記事の題材は、あなたが生活していて疑問に思うことや分からないことを書いてあげればいいのです。

そのようなことから、シニアが書くブログは、その内容が高齢者を対象にしたものについて書くことがいいでしょう。

なぜなら、自分が疑問に感じることが同年代のシニアにも疑問に感じることだからです。

高齢者を対象にした内容のブログを書くことは、同年代の読者に似た人生経験や価値観を共有しているため、読者と同じような強い共感と信頼を築くことができるのです。

自分が分からないことや、疑問に思ったことをブログにすればいいということですか。

その通りで、それがそのブログのテーマであり題材ということになります。

自分が生活しているうえで疑問に感じたことや困ったことなどがあれば、同年代の人が同じように疑問に思うことだから、これを題材にすれば何を書こうかと悩まないですむのです。

また、長い人生を通じて培われた知識やスキルは、シニアならではの貴重な資源であり、このことから、先に答えを導き出すことができます。

以前の仕事が不動産関係の仕事をしていたなら、不動産の知識を生かして土地の売買に関するアドバイスができたり、遺産相続や遺品整理など、自分が関わったことを参考にして、困った人や不安に思っている人に的確なアドバイスができるのです。

いろいろな職業があるから、いろいろな題材が見つかる。

さらにシニアとして、健康、退職生活、趣味、家族関係、財務計画など、高齢者が直面する具体的な課題に焦点を当てた記事を書くことができます。

これらのトピックは、シニアの読者にとって直接的な関心事であり、役立つ情報を求めているため特に価値があります。

年配の読者にとって新しい技術やトレンドは取っつきにくいものかもしれませんが、同年代のブロガーがそれらの情報を分かりやすく提供することで、新しい知識やスキルを身につける手助けをすることができます。

自身の経験を活かしながら、同年代の人々の生活を豊かにする内容を提供することで、充実したブログ運営が行えるのです。

「老後のシンプル生活」、「年金でやりくりする生き方」、「節約して豊かな暮らし」、このように高齢者にしか書けないようなものがあります。

高齢者が書くブログには高齢者目線で書くことから、高齢者に役立つ情報において、高齢者が何を疑問に感じるかを考えることができるのです。

何度も言うようにブログというのは、読者が分からない疑問や悩みなどを想定して書くことから、作者が疑問に思ったことなどがブログの題材となるのです。

例えば、「高齢者が活用できるデジタル端末とは何か」といった疑問を持ったとします。

この読者目線で考える疑問が、記事における題材となることから、これについていろいろと調べて書けばいいのです。

記事構成は記事を書く前に全体の構成を練ることで、より分かりやすく情報を伝えることができます。

全体的な各段落で何を書くのか大まかなアウトラインを作成し、それに沿って詳細を埋めていくのです。

先ほどのデジタル端末について調べたところ、デジタル端末にはいろいろあって、健康、生活、趣味などいろいろな分野で活用されています。

そこで、高齢者にも分かりやすく一つ一つ疑問を解決するようなデジタル端末について解説していくことを記事にします。

健康においては、高齢者の健康に便利なデジタル端末としてウェラブル端末とは何かといったことを情報として書くことで、高齢者の健康を維持するのに便利な歩数計や移動距離、消費カロリー、心拍数、心電図などが手元の腕時計で分かるということを情報として書くことができます。

記事の構成は、読者に何を伝えたいのか、この記事が疑問を解決して高齢者にどのように役立つのかを具体的に考えるという結果になっていきます。

ブログの記事構成はPREP法という書き方が、ブログを書くには適しています。

PREP法について書かれた記事はこちらを参考にして下さい。

PREP法という書き方にすると文章を簡素化できるのです。

ブログ読者は直接的で分かりやすい情報を好む傾向にあることから、先に結論を述べ、その後でその結論がなぜ重要なのかを説明していく方法で、読者は答えに対して納得することができるのです。

例えば、高齢者が健康維持をしたいという疑問に対して、その答えはウォーキングということにした場合、PREP法にすると、

ポイント

  • 結論: 定期的なウォーキングは健康維持に役立ちます。
  • 理由: ウォーキングは心臓病のリスクを減少させ、筋力とバランスを向上させることができます。
  • 具体例:週に数回のウォーキングを取り入れることで、より健康的な生活を送ることが可能です。
  • まとめ: ウォーキングをした結果、痩せることができ体調も良くなった。

このように書くことで、健康維持をしたいと考える人が、ウォーキングが健康に役立つということを知ることになるのです。

そして、そこに書かれている理由を知って、なるほどと感じることができて、自分もウォーキングをやってみようと思うことになるのです。

この方法は、シンプルで分かりやすく相手に考えが伝わるという利点があります。

シニアにとって独自の視点を活かすことは、ブログの書き方において重要なポイントとなります。

シニアならではの豊富な人生経験や熟練した洞察力は、読者に新たな視角を提供し、記事に深みと説得力を加えることができます。

このような背景から、シニアブロガーが書く記事は、ただの情報伝達だけではなく、読者に対して感情的な共鳴や共感を呼び起こすことになります。

特に、長年にわたる経験からくる具体的な事例や、過去の出来事と現在をつなぐ視点は、同年代の読者にとって非常に価値があるものです。

たとえば、過去の社会的変化を経験したことを基に、現在のトレンドを解析する記事は、歴史的な背景と現代の文脈が融合され、よりリッチな内容になります。

また、シニアならではの人生の智慧や教訓を交えた書き方は、読者にとって助言やガイドラインとなり得るため、記事に自然と重みが生まれます。

シニアブロガーが自身の年齢と経験からくる特長を生かして、独自の視点や人生経験から記事を書くことは、読者にとっても価値ある情報源となり、ブログ自体の魅力を高める要因となります。

年を重ねることは、知識と経験の蓄積を意味します。

シニアがブログを通じてこれらの経験を共有することで、自分だけでなく他の人々の人生にも価値をもたらすことができます。

趣味、旅行、健康、家族、キャリアなどの分野での知識を共有することにより、読者に幸せと喜びを提供し、有益な情報や支援を提供することができます。

ブログは収益を生み出す手段としても大いに機能します。

アフィリエイト広告を通じて経済的な利益を得ることができ、これがさらなるやりがいと生きがいをブログを書くことでもたらすのです。

しかし、多くのシニアにとっては、ブログを始めることが少し怖いかもしれません。

技術的な側面や新しい挑戦に対する不安があるからですが、実際に始めてみるとそれほど複雑ではありません。

完璧を求めずに始め、経験を積みながら学ぶことができ、失敗したらいつでもやり直すことができるのです。

今日から一歩を踏み出すことで、シニアブロガーは現代において大きな価値を持ち、これからもっと多くの人に参加してほしいと期待されています。

ブログを通じて自己価値を再発見し、他人とのつながりを深めることができ、さらには新たな収入源を得ることができるのです。