※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

シニアが知っておきたい収益ブログの立ち上げ方

ブログで稼ごうと思う人にとっては、ブログはただ記事を書けばいいというだけではなく、稼ぐにはそれなりの方法があるということを覚えておいてください。

最初に勘違いしている人のために収益を上げるブログについて説明すると、収益を上げるブログは自己表現という立場で書いているブログとは一線を画するもので、稼げるブログはあくまでも読者のために役に立つ情報を書くという発想を持たなければならないのです。

一般的にブログというと自己表現ということで日記や旅行記などを考えますが、稼げるブログはそのようなブログとは似て非なるものなのです。

つまり、もともとの発想が違うということから、ブログ自体が違うということになります。

そこで、収益を上げるブログと一般的な自己表現のブログとの違いについて比較して考えてみることにします。

このことが理解できれば、シニアでもブログで稼げるということができるのです。

収益を上げるブログは、読者に有意義な情報を書くという目的であることから、一般的な自己表現のブログとは、最初の出だしから違っていて、このことを区別しないまま書こうとすると結果的に稼ぐことができないブログになってしまいます。

収益ブログと自己表現ブログの違い

  1. 目的の違い:
    • 収益ブログの主な目的は収益の生成です。読者に価値を提供し、その交換として収入を得ることに焦点を当てます。
    • 自己表現ブログは、個人的な経験や思考を共有することが主な目的で、収益化は二次的な目標か、目標ではない場合もあります。
  2. コンテンツの違い:
    • 収益ブログは、SEOに最適化されたキーワードを含む記事で、読者の解決すべき問題に焦点を当てた内容です。
    • 自己表現ブログは、個人的な日記、旅行記、趣味に関する記事など、個人的な興味や経験に基づく内容です。
  3. ターゲットの違い
    • 収益ブログは、特定のニーズや興味を持つ明確な情報を得たい人をターゲットにします。
    • 自己表現ブログは、著者に共感して似た感性を持つ読者や、友人、家族など個人的な繋がりを持つ人にアピールします。
  4. 収益化の違い:
    • 収益ブログは、アフィリエイト広告、スポンサーコンテンツ、デジタル製品やサービスの販売など、多様な収益化方法を使用します。
    • 自己表現ブログは、Googleアドセンスや楽天やAmazonの販売を目的にした広告など載せます。

ブログにはもともとこのように目的やターゲット、ジャンルなど違ったコンテンツを持ったブログがあるということを知っておいてください。

そして収益ブログと自主ブログはまったく別の立場のものであることから、最初にここが区別できていないと、いくらブログをたくさん書いたとしても、稼げるようなブログサイトにはならないし集客に結びつかないのです。

ただ、自己表現のためのブログを書くという人においては、収益を上げる目的でないのであれば、ここから先のことは考えなくても構いません。

あくまでも、稼げるブログについての方法と考え方について書いてあります。

収益ブログかどうかのチェックポイント

自分の書いたブログが、収益ブログかどうかのチェックポイントを以下に示すことにします。

これらのことをチェックすることで、今あるブログが収益目的に適しているかどうかを判断します。

チェックポイント

  1. ターゲットの明確性:
    • 読者がどんな問題を抱えており、どのような情報を求めているかが明確に定義されているか。
  2. コンテンツの専門性と価値:
    • コンテンツが専門的知識に基づいており、読者に具体的な価値を提供しているか。
  3. SEOの最適化:
    • 記事が検索エンジンで見つかりやすいキーワードを含んでいるか。
    • 画像や文章の読みやすさなど、内部リンクが適切に使用されているか。
  4. 収益化
    • ブログに収益化要素として、広告、アフィリエイトリンク、製品販売が上手に組み込まれているか。

収益を目的としたブログ運営は、計画的で戦略的なアプローチが求められるので、これらのポイントを基に自身のブログを評価し、必要に応じて改善することをします。

このことを踏まえたうえで、収益を上げるためのブログの実践的アプローチを考えてみてください。

収益ブログの立ち上げは、しっかりとした計画と市場調査から始まります。

目的は、特定のニーズや問題を持つターゲットを特定し、それらに対応する内容を提供することができるかどうかです。

例えば、フィットネスに関するブログを書くとしたら、読者は何を求めてトレーニングをするかということを想定して、最新のトレーニング方法などを紹介して、健康食品のプロテインなどのレビューに誘導した記事を書くことが求められています。

さらに、収益ブログを書くにあたって、サイト記事の定期的な更新が不可欠です。

記事の内容の質も大事なことですが、更新の頻度も重要な役割を果たします。

これは、Googleの検索エンジンにおいて、記事の新鮮な情報を集めるためであり、定期的に高品質なコンテンツに更新することで新規訪問者を引きつけることができるからです。

ブログのタイトルにおいても、SEOを意識したキーワードの使用など、検索エンジンで見つけやすいタイトルの工夫が必要です。

タイトルは記事における題名というよりも、キーワードに照らしながら作ることが求められています。

どういうことかと言うと、読者が調べたいワードからブログを見つけるのであって、読者が最も疑問に思う知りたい情報のキーワードで探してブログに辿り着くのであって、キーワードがブログの題名に当てはめられていればブログが見つけやすくなるからです。

このようなタイトルをつける考え方は、自己表現のブログにはそれほど重要ではないと言えます。

収益ブログにおいては、読者が調べたいキーワードを含んだタイトルから記事を書いていくことをします。

なぜなら、自分が書きたいブログ記事ではなく、読者が知りたい情報記事が大事だからです。

さらに、収益を上げるブログにおいては、アフィリエイトなどの多様な収益源を記事と組み合わせて、文章を読むことで訪問者にとって価値ある形で広告を受け入れてもらえるようになります。

このように収益ブログにおいては、単に情報を書くだけでなく、ターゲットに対して明確な価値提案を行い、効果的に収益を生み出すためのアプローチが求められるのです。

収益ブログは自己表現ブログに比べて、まったくといっていいほど記事を書くことの発想が違っていて、収益ブログを書くのであれば最初の発想から違っているのです。

収益ブログは書きためていくごとに、その記事が資産となります。

ブログを長期的に成長させ、記事ごとに持続的な収益を確保することが収益ブログの戦略的かつ計画的な方法です。

これには、高品質のコンテンツの提供、SEOの最適化、そして読者が何を求めているかという関係性が含まれます。

読者に有益だと感じる情報を定期的に提供することで、読者の関心を継続的に維持し、新規訪問者を惹きつけることができるようになります。

そのためには、最新の情報や読者の興味ある出来事に関する継続的な調査が必要です。

さらに、SEO対策として、読者は何を知りたいかということをリサーチして、時代とともに変化する検索キーワードを新鮮なものに保つようにします。

そして、収益ブログにおいては、Googleからの高い評価を受けるようにGoogleの検索意図に合致するような対策と、読者に対して良質な記事を提供するということが、ブログを長きにわたって書き続けて収益記事としてブログが育っていくことが、収益記事としての成功につながるのです。

収益目的のブログは、明確なビジネス的目的を持ち、その目的ははっきり言って金銭的収益の獲得にあります。

これは、特定の読者に対して価値ある情報や製品を提供し、その見返りとして収入を得ることを意味します。

それに比べて自己表現ブログは、個人の情熱や興味、体験を共有することに焦点を当てています。

このことから分かるように、個人的な日記、趣味に関する投稿など、著者の個性や創造性を反映した記事が中心となる自己表現ブログは収益ブログにはなりにくいのです。

自己表現ブログは、読者との個人間の関係性として深い共感やつながりが生まれることはあっても、直接的な収益化といったようなことにはなりません。

従って、収益ブログと自己表現のブログは、まったくといっていいほど違うということがお分かりになったでしょうか。

収益ブログを書く場合は、収益を目的としたブログの始め方があると言うことで、今後も収益ブログについての考え方を書いていくことにします。

Googleアドセンス広告