老後はシンプルな生活が良い

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

現代社会では、常に「もっと多く、もっと早く」という圧力のもとで生活しています。

技術の進歩とともに、私たちは常に情報や物質的なものに囲まれ、それらを追求することが幸福への道だと信じ込まされてきました。

しかし、この絶え間ない消費と忙しさのサイクルは、本当に私たちが求めているものを見失わせてしまうことがあります。

そこで重要になってくるのが、生活の中で一歩引いて、真に大切なものに焦点を当てる考え方です。

老後のシンプルな生活は、物を所有することの喜びではなく、経験や人間関係、自己成長に価値を見出すことで、より充実した生活を実現することをする考え方です。

生活のあらゆる面で「適度な」選択をすることは、今日の過剰な消費社会において特に重要な意味を持ちます。

この生き方では、適度な消費と意識的な生活選択が推奨され、自分自身や周囲の人々、さらには地球環境にも配慮した選択を心がけます。

若い時の様なモノの消費に喜びを感じるのではなく、老後になったらシンプルで快適な暮らしを心がけるようにします。

この哲学は、本当に必要なものを適切な量で持つことの価値を強調しているのです。

適度な選択をすることは、単に物質的な所有物を減らすこと以上の意味を持ちます。

それは、日々の生活の中で意識的に決断を下し、時間、エネルギーをどのように配分するかまで考えることだからです。

消費するものが少なければ少ないほど、私たちはそれぞれの選択により多くの価値を見出し、持続可能な生活への貢献することができるのです。

バランスの取れた生活とは、物質的な満足だけでなく、精神的、そして社会的な満足をも追求することが、老後のシンプルな生活になるのです。

老後の生活は、第二の人生としてゆったりした生活を送りたいものです。

そのゆとりある生活をする考え方として、スウェーデン語の”LAGOM”(ラーゴム)という生活全般にわたる考え方があります。

”LAGOM”(ラーゴム)とは、「ちょうど良い」という意味で、過剰でも不足でもない、生活のあらゆる面でバランスを重んじるということで、物質的な豊かさよりも精神的な満足の重要性を強調します。

この考え方は、シンプルながらも満足度の高い生活を実現することができ、ストレスを減らし、日々の喜びを見つけるための手段となります。

LAGOMという考え方は、物質的な所有物や仕事、人間関係など、生活全般に対して過度な考え方をしないということです。

LAGOMは、すべてがシンプルで満足感のある生活を送るというスウェーデンの生活における考え方のことです。

衣類にこだわることなく、みっともない服装でなければ、丈夫なうちは着続けることをします。

クローゼットの中も最小限の衣服しか入っておらず、オシャレより機能性を重視することから、何を着ようか迷うことはありません。

着飾るという観念から、必要なものを使い続けるという考え方が優勢です。

従って、生活はいたってシンプルなのです。

無駄なお金も使うことがないことから、老後にLAGOMの考え方を取り入れることは、理にかなった生活をすることができます。

このような考えは、持ち物を減らして生活をシンプルにすることや、自然とのふれあいを大切にすることなどで楽しい生活ができることから、老後の第二の人生は、LAGOMの考え方をすることで、心豊かな生活をすることができるのです。

例えば、家の中で必要なものだけを持ち、余計な物を減らすことで、より整理された快適な空間を作り出すことができれば、掃除などに労力を使うことはありません。

LAGOMは、働き方や時間の使い方においても合理的な考えを持っています。

適度な労働と趣味や家族との時間を大切にすることで、仕事とプライベートのバランスを保ち、充実した日々を送ることを可能にします。

労働のために生活があるのではなく、生活のために労働があるので、生活ができれば過度な収入を得るために働く必要がないのです。

また、食事においては、健康的な食材を選ぶことで過剰に食べることなく、無駄のない食生活で健康を支えることをします。

総じて、LAGOMは、すべてにおいて過剰である生活における考えから解放され、シンプルでちょうどよい考え方をすることで、バランスの取れた生活を実現することを目的とする考え方なのです。

この考え方は、物質的な所有物に執着することなく、人生の本当の喜びを見つけることができ、ストレスの少ない、健康的で充実した老後を送るためのキーポイントとなります。

老後という貴重な時間を最大限に活用し、真に満足のいく生活を手に入れることで、ゆったりとした老後を楽しむことができるのです。

今まであくせくと働きつづけた日本人としては、定年後の老後においては、このような考え方でゆったりと生活したいものです。

LAGOMの考え方は、シンプルながらも豊かな生活を目指す北欧の哲学であり、この美しいバランスはインテリアや食事においても顕著に表れます。

シンプルなインテリアとは、過剰な装飾や不必要なアイテムを省き、機能性と美しさが調和した空間を作り出すことを意味します。

インテリアにおいてLAGOMを実践することは、無駄を省きながらも機能性と美しさを兼ね備えた空間を作り出すことを意味します。

シンプルで清潔感のあるデザイン、自然光を活かした明るい部屋、心を落ち着かせる自然素材の使用は、この哲学の典型的な特徴です。

不必要なアイテムを減らすことで、空間に余裕が生まれ、生活に必要なものが一目でわかりやすくなります。

また、各アイテムが持つ機能を重視し選択することで、日常生活がより快適で効率的なものに変わります。

食事に関しても、LAGOMは適度な量と質を重視します。

新鮮な地元の食材を使い、手作りの料理を心がけることで、身体に必要な栄養をバランスよく摂取することを考えます。

それは決して贅沢ではなく、家族や友人との時間を大切にし、コミュニケーションを取るための機会としても食事が重視されるのです。

シンプルだけれども栄養価の高い食材を使った料理は、質素の中にも栄養バランスの取れた料理を心がけ、加工食品や外食に頼る生活から脱却を促し、健康で持続可能な食生活を支援します。

この考え方に基づく食事は新鮮で季節の食材を使い、食べ過ぎや食べ不足にならないようにすることで、ちょうど良いというバランスを重視し、物質的な過剰から解放された心地よい生活を目指すことができます。

LAGOMな生き方は、自分自身がすべてに対して足るを知ることで、日々の生活を豊かにすることをします。

シンプルながらも機能的で心地よいインテリアと、バランスの取れた健康的な食事などが、この哲学の具体的な表現と言えるのです。

LAGOMに基づく生活は、適度な消費と自己制約を通じて、真の幸福と満足感を見出すことを可能にします。

日本人のように、飽食の時代に慣れてしまい、いつまでも満足しない生き方では、本当の良さが分かる前に不満だけが残ってしまうのです。

LAGOMに基づいた生活空間では、各アイテムが持つ意味や価値が重視され、そこに存在するものすべてが心地よいバランスを生み出し、それが日々のストレスを減らし、心の平和を促進する効果があるとされています。

LAGOMとミニマリズムの主な違いは、そのアプローチと目的にあります。

LAGOMは適度なバランスを求めることに焦点を当て、生活のすべての側面で「ちょうど良い」状態を目指します。

これに対して、ミニマリズムは物質的な所有物を最小限に抑え、シンプルさを通じて精神的なクリアさと自由を追求することに重きを置きます。

LAGOMとミニマリズムは共にシンプルさを追求する生活哲学ですが、その根底にある価値観や目的には重要な違いがあります。

LAGOMは、社会や環境への配慮も含めた広範な視点からバランスを考えるのに対し、ミニマリズムは個人の内面と外面のシンプルさに焦点を当てる傾向があります。

LAGOMは適度な満足と持続可能性を目指す一方で、ミニマリズムは物質的なものからの解放と精神的な充足を追求します。

LAGOMはちょうど良いを意味し、過不足なくバランスの取れた生活を重んじます。

だから、物がなければいいという考えではなく、無駄なものは必要ないという考え方です。

この考え方は、生活のあらゆる面において適度な量を求めることが強調されます。

LAGOMにおいては、物質的な所有物だけでなく、時間の使い方、人間関係、仕事とプライベートのバランスなど、生活全般にわたって適度なバランスを見つけることを目指すのです。

LAGOMにおける時間の使い方は、忙しさと休息の間のバランスを大切にすることを意味します。

これは、一日の中で効率的に仕事をこなすだけでなく、趣味やリラクゼーションの時間を確保することを奨励するからです。

過剰に働くことも、過度に怠けることも避け、ちょうど良い活動と休息のバランスを見つけることが重要なのです。

人間関係においても、質と量のバランスを重視し、多くの友人を持つことよりも、深く信頼できる少数の関係を大切にすることをします。

また、自分と他人との間に適度な距離感を保ち、互いの独立性を尊重することが、健全な人間関係を築くこととなることから、お互いを尊重して、プライベートまで入り込まない適度な距離間を大事にします。

仕事とプライベートのバランスにおいても、LAGOMを実践することは、仕事での責任を全うしつつも、仕事に追われることなく、自分の時間を大切にすることで、充実した生活を送ることを考えるのです。

人間関係も程よい距離感が、深入りしないということで良好な関係を保つのです。

LAGOMの考え方は、何事においても過不足なくちょうど良い状態を目指すことをします。

このバランスを見つけることにより、物質的、精神的な満足感を得ることができ、より充実した生活を送ることが可能になるのです。

一方で、ミニマリズムは、必要最小限な生活で生きることを重視した生活スタイルです。

この考え方は、物質的な所有物を極力減らし、本当に価値のあるものだけに囲まれることで、より自由で充実した生活を目指すことをします。

ミニマリズムでは、物質的なものへの執着を手放し、シンプルさを通じて精神的な満足を追求することが考えの中心となります。

物を多く持つことは、物を失うことへの恐れや、常に最新のものを追い求めることなど、欲求を追求するばかり不満というストレスを増加させるという考え方です。

ミニマリストの生活は、自己実現と内面的な平穏を重視し、外部からの消費圧力に流されない生き方をすることで、物という所有物に捉われない、物質的な所有物を超えた真の幸福と充実感を追求する生活を目指しています。

このように、両者は似ているようでいて、実はそれぞれ異なる価値観と目的を持っているのです。

ミニマリズムは持たないということで、物からの精神的開放を求める事に対して、LAGOMは無駄のないシンプルな生活を求めることで、過剰でも不足でもない適度な生活のバランスこそ大事にすれば、真の幸せが見えてくるという考えです。

消費経済は必要ないものまで消費して買う事で満足する事なのかもしれないのですが、満足は際限がなく、そこを追い求めても喜びはないことから、老後における生き方はLAGOMのような、ちょうど良いところで生活することがふさわしい生き方になるのではないでしょうか。

LAGOMの生き方は、過度なものは何も求めず、すべてにおいてバランスと調和を重視し、ちょうど良い生活こそ心豊かな老後の生活になるのです。

LAGOMは、物質的な所有物、時間の使い方、人間関係、そして仕事とプライベートに対しても、バランスが保たれた「ちょうど良い」を目指します。

中国哲学において、中庸という考え方があるのですが、これがそれに似ています。

仏教の考え方においても中道ということを言われるのですが、これもバランスが保たれた生活のことを言います。

それぞれ異なる文化背景を持ちながらも、生活のあらゆる側面においてバランスと調和を重視するという共通点を持っています。

これらの概念は、過剰も不足も避け、「ちょうど良い」状態を求めることで、より充実した生活を送ることを目指すという教えで、それが、充足した生き方になるのです。

老後を心豊かに過ごすためには、物質的な豊かさを追求するよりも、精神的な充実を重視するライフスタイルが重要です。

LAGOMの考え方、すなわち「ちょうど良い」考えを、生活の全面に取り入れることで、老後の豊かさを達成するための鍵となるのです。

このようにして、老後は物質的な追求を超えた、内面からの満足と幸福を追求することにより、ゆったりとした充実した生活を楽しむことを可能になります。

不必要なものを手放し、本当に必要なものだけに囲まれることで、心に余裕が生まれ、趣味や親しい人々と過ごす時間を、より価値あるものに変えることができるのです。

老後という人生を価値あるものにすべく、心豊かでシンプルな生き方が、老後の人生を楽しむことになるのではないでしょうか。