※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

シニアの本業としてブログで稼ぐ生き方

多くのシニアが退職後、新しい趣味や活動を探していますが、何を始めれば良いか分からないと感じている人は少なくありません。

そんな時間を持て余しているシニアに、ブログを始めることをお勧めします。

ブログは日常の出来事や季節の変化をテーマにすることで、思考力を鍛える頭のトレーニングになります。

普段テレビを見るだけの生活では体力の衰えも心配ですが、ブログを書くことで頭を使い、健康的な生活を促進することができます。

また、趣味として楽しむだけでなく、ブログを書くことで収入を得ることができるのです。

ブログはシニアにとって充実した時間を提供し、趣味と実益を兼ね備えた素晴らしい選択肢となることでしょう。

そして、ブログを書くことで、日々の思いや発見を記録することは自己表現の場を提供し、同時に読者とのつながりを築く機会をもたらします。

一人で自宅の中で何もせずに暮らしていたことが、ブログを書くことを通して視野が広がり、見知らぬ人とのつながりが持てるのです。

シニアがブログで収益を得るための基本は努力と継続です。

ブログを書けばお金が稼げるということではありません。

最初のうちは収益どころか誰も読みに来てくれることはないということを知っておかなければなりません。

誰も読みに来ないまま月日が流れて、半年も過ぎるときっと心が折れることでしょう。

読みに来る人がいなければ、書いても意味がないのではないかと思ってしまうからです。

そして、ブログで稼げると聞いていたのに誰も読みに来てくれなければ稼げる気配もないということです。

毎日ブログを更新し続けて、ほんの数人の読者しかいなければ自分には才能がなかったとブログを諦める結果になってしまいます。

ここで諦めてブログを書くことを辞めてしまえば、まったく何も残らないまま終わってしまいます。

ブログを始めてから一年間続けることができる人は、ブログを始めた全体の2割程度しか残らないということです。

また、3年続けることができる人は数パーセントにすぎないと言われています。

シニアの中には誰にも読まれなく、自分の日常を書き続けることで良いと思っているブロガーさんが多くいますが、これはこれで自分の日常の忘備録のように書くことから、収益にも読者数も関係なくやっているのであれば構いません。

誰にも気兼ねなく日々の起こったことや誰かの悪口や愚痴など書いていれば気が済むことから、ストレス解消にはブログはもってこいだからです。

しかしこれも、毎日となるとそれほどいろいろなことが起こるわけではなく、書く題材に困っていつの間にか今日の昼は何を食べたとか、今日の夕ご飯の写真をアップするようになります。

その人が何を食べようが第三者には関係ないので、読者はますます離れていってしまうのですが、その毎日の献立の料理が100円の食材でできるとなれば話は変わってきます。

つまり、毎日の料理の献立が、第三者にとって役立つ情報になるからです。

「毎食100円の材料費でできる簡単レシピ」という、料理の仕方をアップすれば読者が喜ぶこと間違いありません。

つまり、読者はブログから何か役立つ情報を得ることで見に来るのです。

だから、日記ブログがまったく稼げないということではなく、そのブログに価値があれば日記ブログでもバズることになります。

あなたのブログに訪問した人が、これは面白くためになると思えば翌日にも訪問してくれるのです。

そのうちファンが一人増え2人増えていき、アドセンス広告を貼っておけば収益ブログになることでしょう。

ブログを書くことで収入を得るということは、自分が書いたブログに広告を貼ることです。

また、アドセンス広告は、ブログ内に貼られた広告を読者がクリックすると収益が発生します。

ただGoogleアドセンスにおいては、クリック単価が安いためによっぽどアクセス数が多いブログでないと稼ぐことはできません。

楽天アフリエイトやAmazonアソシエイトも、そこの広告を通して商品が売れれば販売手数料が入るのですが、商品の単価が安かったりすればその数パーセントでは、孫の小遣いにもならないのです。

ブログから収益を上げるには、A8,netなどのASP広告一択です。

毎回のように商品が売れるわけではないのですが、単価の良いアフリエイトを探して、広告につながるような記事を書くことで収益に結びつきます。 

アドセンス広告についての記事がありますので参考にしてください。

アフィリエイト広告は、自身のサイトや記事の中で特定の商品やサービスを推薦し、読者がそのリンクをクリックして商品を購入すると、売上の一部を報酬として受け取るシステムです。

このシステムの大きな魅力は、広告主とブログ運営者が共に利益を得る点にあります。

ブログ運営者は自分のコンテンツに関連した商品を選ぶことで、自然な形で読者に情報を提供しながら収益化を図ることができます。

また、読者は役立つ情報とともに、その情報を実践するための具体的な商品を紹介されるため、有益な情報源としてブログを利用することができるのです。

このようにアフィリエイト広告は、ブログ運営者、広告主、読者の三者にメリットを提供し、インターネットの商業化における重要な役割を担っています。

ブログが発展してきたことにより、アフィリエイト広告は情報の価値を損なうことなく、ブログの収益源を確保するとともに、広く周知されるようになってきたのです。

アフィリエイト広告を出している会社のことをASPというのですが、このASP について説明した記事がありますので参考にしてください。

Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトなど、多くの企業が自社の商品やサービスを宣伝するためのアフィリエイトプログラムを提供しています。

アフィリエイト広告を利用してブログから収益を得るためには、A8.netもしもアフィリエイト などのアフィリエイトサービスプロバイダー (ASP)に登録することが必要です。

必要情報を入力して登録することで、それぞれのASP会社が持っている広告主のリンクやバナー広告を自分のブログに貼ることができます。

広告主によっては審査があり承認されなければならないのですが、承認されるとその企業のアフィリエイトリンクやバナー広告を使用できるようになります。

バナー広告にはアフィリエイトIDが含まれており、これがクリックされたり商品が購入されたりすると報酬が支払われるのです。

ただ、景品表示法により記事にアフィリエイト広告を載せる場合は、記事の一か所に広告が含まれているということを記載する必要があります。

ブログで収益化する場合、適切なアフィリエイトプログラムの選択から始まります。

この選択プロセスには、ブログのテーマや読者の興味にマッチした製品やサービスを提供するプログラムを見つけることが含まれるのです。

しかし、ただ適切なプログラムを選ぶだけでなく、その広告をブログにどのように組み込むかも重要です。

アフィリエイト広告のための記事と思われてしまえば読者は逃げて行ってしまいます。

ブログ自体の使命は、あくまでも読者の悩んでいることや分からないことを解決するためのブログ記事でなくてはならないのです。

たとえば、健康と生活情報に関するアドバイスや、旅行とレジャーに関する情報など、読者が求めていることに対する答えがそこにあって、それとなく関係性のあるアフィリエイト記事が書かれていることが望まれます。

収益ブログは、ただブログを書くだけであったり、広告を貼るだけであったりしたら効果はありません。

読者が必要とする情報を書くことで答えが導かれる先に、アフィリエイト広告の存在があることが望ましく、そのためには適切なアフィリエイトプログラムを選び、読者との信頼関係を維持しながら価値ある情報を提供することが、ブログの収益を最大限にすることができるのです。

収益を生むブログを運営する上で、最も重要なのは忍耐力と継続です。

ブログを始めたばかりの頃は、訪問者が少なく成果もすぐには見えにくいため、挫折を感じやすいものです。

多くのブログは徐々に成長するものではなく、ある時点で急に訪問者数や収益が増えることがあります。

そのため、検索エンジンに評価されるよう、定期的に良質なコンテンツを更新し続けることが不可欠です。

この継続ができるかどうかが、収益ブログに成功するかどうかの分かれ道となります。

初期段階では成果が目に見えなくても、将来的に成果が現れることを信じて、毎日コツコツとブログを更新し続けることが大切です。

忍耐と継続こそが、収益ブログを成功させるために必要な要素となります。

それまで耐えることができるかどうかが収益ブログを書く上でもっとも大事なことで、忍耐と継続こそ収益ブログを書く上で考えなければならないということになります。