記事内に広告が含まれています。

高齢者の住まいに潜む危険性

自宅という場所は私たちにとって安全で快適な所だと思われがちですが、実は多くの隠れた危険が潜んでいます。

特に高齢者にとっては、長年住んできた家が予期せぬリスクを含む場所に変わることがあります。

若い頃には気付かなかった住宅の構造や日常生活が、年齢と共に危険な要素に変わっていくのです。

例えば、段差が多い入り口や階段を上がらなければ洗濯物が干せない間取りは、使いづらいということよりも危ないといっていいかもしれません。

歳をとるということは、体力などが衰えてきて、今まで出来ていたことができないようなことになるからです。

そこで、いつまでも元気に長生きするために、高齢者の住まいは、安全で快適な場所でなければならないのです。

適切な改修と工夫により、安全で心地良い生活環境を実現することを考えて、高齢者にとって住みやすい住まいにするためには、どのようなアイデアや解決策があるかを考えてみることにしました。

高齢者が住む家の危険

高齢になると、視力や聴力の低下、筋力の減少、平衡感覚の喪失などが進行します。

これにより、今まで意識せずに行っていた日常の動作が困難になることがあり、それにより、階段の上り下りの時の転倒や、手すりのない場所での滑落、または敷居の段差につまずいたり、絨毯のヘリで転ぶということも起こります。

他には、浴室での転倒や、浴槽での溺死ということもあります。

さらに、料理をしていて衣服に火がついて、火傷から死につながる場合もあります。

このように、家庭内で起こる事故は、いろいろな要因が組み合わされて起こるとはいえ、高齢者にとって家庭内での事故のリスクは格段と高まります。

自宅は安らぎの場所とされていますが、実際には高齢者にとって様々なリスクが潜んでいるのです。

滑りやすい床、薄暗い照明、ちょっとした段差、これらは一見すると些細なものかもしれないのですが、高齢者にとっては大きな危険因子となりえます。

絨毯との境や出っぱった家具などが、足腰が衰えた高齢者にとっては、何気ないことでつまずいて大事故につながるのです。

自宅内での転倒事故の原因と対策

高齢者において家の中で一番多いのが転倒事故で、転倒事故で骨折して寝たきりになる人や、運悪く頭などを打って亡くなるということがあります。

転倒は日常の中の小さな不注意から引き起こされることが多いため、生活環境の見直しと改善が重要なのです。

日常的に生活する場所にある小さな段差なども、特に足元が不安定な高齢者にとっては大きなリスクとなりえます。

転倒事故の原因としては、滑りやすい床であったり、暗い場所で床に置いてあった荷物に気がつかないでつまづいて転倒したり、キッチンの床が濡れていて転倒するという事や、浴室内に入ろうとして転倒して浴槽内で溺死という事故もあります。

リビングや寝室では、電気のコードに引っかかり転ぶということなどもあるので、高齢者が住む家は細心の注意が必要なのです。

転倒事故が起こらない対策

高齢者の歩き方をみてみると、足をしっかり上げて歩かないことから、ちょっとした段差でもつまづきやすいということです。

これら転倒事故の原因を考慮して、対策を講じるということが、自宅内の危険因子を改善することなのです。

浴槽における転倒事故においては、メーカーもいろいろと研究していて、滑らない床などや段差のないフラットな浴室などがあります。

お金に余裕があるのでしたら、転倒事故などを防ぐためにリフォームして最新の浴室に取り替えることをおすすめします。

高齢者が転倒した場合の怪我のリスクを考えると、大きな代償を払うという結果になることから、早めの対応を心がけるようにしたほうが良いからです。

階段や、廊下には明るい照明をつけたり、階段や廊下などは高齢者のために手すりを付けたりして安全対策を取って下さい。

歩くのに邪魔な飛び出した家具などは移動したり処分して、部屋の中を広く使うということや、散らかっていて必要ないものは、なるべく定期的に処分するということをすすめます。

自宅内を見回してみて、高齢者が生活するのに事故につながる危険因子は、極力片付けることで取り除く事をしましょう。

そして、家族が同居している場合は、高齢者に対して気をつけるようにして声かけなどをして、いつも気にかけるようにすることで事故を防ぐことができます。

安全性を考慮した住まいの工夫

高齢者にとっては、長年住みなれたところが一番いいと思うかもしれないのですが、転倒事故が起こる要因は、長年住みなれた家だからこそ油断して起こるのです。

住みなれた住まいが、高齢になると住みにくい環境に変わるのです。

段差や狭い通路、高い棚など、年齢と共に動きにくさを感じる家の構造が問題になってきます。

特に高齢になると視力の低下や足腰が不自由になることで、今まで何のストレスがなかった動作が、歳を重ねると、日常の動作においてもが難しく感じたり、体の不自由さからくる不便さが増えたりします。

高齢者が安心して暮らせる住まいは、安全性、利便性、心地よさが融合した空間であり、このことは日々の暮らしを豊かにし、健康と活力を支えるものとなります。

いつもいる住まいが、危険な所にならないために日頃からの工夫で、安全で快適な住まいになるようにしなければならないのです。

安全性を考慮した住まいの工夫には、現在住んでいる住宅の物理的な構造から日々の生活習慣まで、多岐にわたる要素が含まれます。

これには、住んでいる人の動線や日常の生活パターンを考えて、どうすればいいかということを工夫しなければなりません。

特に高齢者にとっては日常生活の質を大きく向上させるとともに、安全で健康的な生活を促進します。

住まいの安全性は、単に事故や怪我を防ぐことだけを意味するものではありません。

それは住む人が心から安らげる環境でなければならなく、安全面だけを考えて利便性が悪ければ、何だか落ち着かない家になってしまうからです。

基本的には、高齢者が自立して生活できるように、必要な機能が手の届く範囲にあり、家具や備品が使いやすいことはもちろん、段差を解消したり手すりなどをつけたりとすることで、今までの生活スタイルを崩さないで安全で動けるようにすることです。

使い勝手の悪い浴室や、上り下りが大変な階段や段差などは、手すりをつけたりスロープをつけたりと、リフォームやリノベーションで解決することができますが、家族でもできる安全性を考慮したちょっとした工夫を考えてみることにしてください。

例えば、毎朝のことですが寝るための布団の上げ下ろしなど歳をとると重労働となります。

そこで、高齢になれば敷き布団より寝室はベットの生活が理想ですが、ベットなど置けない家もあることから、敷布団は押入れの下段を使うようにしたりします。

部屋の中にある家具などの配置を見直してみたり、乱雑に置かれた物を整理して、通路を広く取ることで歩行の安全性が向上します。

さらに、家具などが出っぱっていると引っかかったり、転んで怪我などをする場合があるので、100円ショップなどでスポンジクッションなどを買って、家具の飛び出たところに貼るということも効果があります。

そして、家の中が暗いと転倒のリスクが上がることから、すでにある照明をの他にLEDライトを追加するなどして部屋を明るくします。

特に、深夜に起きてトイレに行くときの動線としての廊下や階段などは、センサーで点くライトを設定することで明るくすることができます。

浴室やキッチン、階段など滑りやすい場所に、マットを敷いてあると思いますが、そのマットが動いて転倒するリスクを減らすために、マットの下には滑り止め置いてマットがずれないようにします。

キッチンなどは、よく使う物を使い勝手の良い高さに置き換えたり、タンスなど頻繁に物を出し入れする場所では、使い勝手の良い場所に入れ替えるという工夫も効果的です。

これらの工夫はほとんど費用をかけずに、または比較的少ない費用で行うことができます。

重要なのは、自分や家族の生活パターンをよく観察し、どのような工夫が必要かを見極めることで解消することができるのです。

高齢者のいる快適な住まい

高齢者が安心して暮らせる住まいと生活環境を整えることは、高齢者が心地よく健康で活動的な生活を送るために非常に重要です。

快適な住まいは、日々の生活において安全性、利便性、そして心の豊かさを提供することになります。

具体的には、バリアフリーによる動きやすい家、日常必需品が無理なく手に取りやすい設計などが、高齢者にとっての快適な生活環境を形成します。

これらは、身体的な安全はもちろんのこと、精神的な健康や社会とのつながりを促進し、高齢者の生活を豊かにする要素です。

高齢者が単に長生きするのではなく、充実した生活を送ることを目指すべきです。

そのためには、各個人が理想的な住まいと生活環境を考え、それを実現することが必要です。

高齢者に優しい住まいは、安全性と快適性を確保した空間であり、明るく開放的な雰囲気が特徴です。

さらに、AIなどを使ったスマートホーム技術を活用することで、高齢者が自立して、安心して暮らせる住まいを形成し、日々の暮らしをより豊かなものにすることができます。

高齢者に優しい住まいの実現は、高齢者だけでなく、すべての人にとっても理想的な環境を提供することになります。

安全と利便性と快適という高齢者に優しい家こそ、これからの理想的な住まいになるのです。

私たちの目指すべき暮らしは、ただ長生きできることではなく、その生活が充実していることであり、そのために、私たち一人ひとりが理想的な住まいと生活環境を考え実現することが大切なのです。