記事内に広告が含まれています。

不安を乗り越え生きる一人暮らしの老後

老後の一人暮らしは現代社会において増加する傾向にあります。

昔と比べて、子供が親と同居することが少なくなったり、人々がより長生きするようになったりしているために、多くの高齢者が今まで住んでいた家で独りで暮らすことがあるからです。

年老いた親も一人暮らしの気楽さから、元気なうちは子供との同居を拒むのです。

一人で生活することは、自由やプライバシーという点でメリットがある一方で、多くの不安を抱えています。

自分一人で全てを管理し、日々の生活を送ることは、精神的、物理的に大きな負担となります。

特に、健康問題や緊急事態が発生した際に、すぐに対応できる家族や友人が近くにいないことは大きな不安要素となるのです。

また、定年退職後の収入減少や医療費の増加など経済的な問題も、独り暮らしの高齢者が直面する重大な課題です。

これらの問題は精神的な孤独感を引き起こす原因にもなり、高齢者の生活の質を大きく下げることになります。

そのようなことから、老後の一人暮らしは、多くの高齢者にとって、自由と不安というものが混在する複雑な暮らしなのです。

今回のこの記事では、社会全体としてこれらの課題にどう向き合って、高齢者が安心して暮らせる環境を整えるか、高齢者の一人暮らしの今後の大きな課題について考えてみることにしました。

一人暮らしの経済的不安

老後の一人暮らしをする高齢者にとって、経済的問題は日々の生活に大きな影響を与えます。

年金生活者にとって限られた収入の中で、生活費のやりくりをしなければならないことや、昨今の物価高において余裕ある暮らしなどできないからです。

これらの状況を踏まえ、効果的な資金計画と節約術、資産運用、そして副収入を得る方法などが重要になってきます。

まず、退職後の資金計画は、老後の生活を安定させるために欠かせないものです。

限られた収入で生活するために、余裕のある人は別にして無駄使いなどはできないでいます。

将来必要となる医療費などを考えると、生活費などの占める割合が多く、支出を見積もることが大事で、資金計画は長期的な考えで行い、家計簿などをつけてお金の管理をしっかりしなければならないのです。

だから、日常生活における節約術を身につけることも重要なことです。

無駄な出費を削減し賢く買い物をすることで、限られた予算内で質の高い生活を送ることが大事です。

そのためには、固定費の見直しや日常の無駄な出費を見極め、少しでもコスト削減を行い、限られた予算の中でも快適に過ごすことができるようにしましょう。

特に携帯電話は必需品なのですが、高齢者になればそれほど高機能の電話を使う必要がないので、少しでも安い会社と契約して毎月の支出を節約します。

さらに、資産運用を通じて収入源を増やすことも一つの考えで、銀行に預けていても利子などほとんど付かないことから、NISAなど長期的な株式投資に回すことも必要です。

しかし、株式投資や不動産投資には元本割れなどリスクも伴うことから、運用は専門的な知識が必要なため、事前の学習や専門家のアドバイスが推奨されます。

最後に、副収入を得るために行動することも必要です。

これには、趣味を生かした手工芸品の販売やブログなどを発信して副収入を得る方法や、高齢者にもできるパートタイムの仕事などがあります。

副収入は、経済的な余裕をもたらすだけでなく、社会とのつながりや生活に活力を与える効果も期待できます。

体が元気なうちはパートなど雇ってくれるところがあるのですが、できる範囲で働くことが健康にもやりがいにもつながってきます。

これら老後の経済的なことを考えて、一人暮らしの高齢者でも安心して充実した老後を送ることができるように、生活状況に合わせた支出計画を立てることで無理のない老後生活をします。

一人暮らしの健康問題

一人暮らしの高齢者にとって健康は非常に重要な問題であり、病気にならないための体力作りや健康維持が必要です。

これには、過度な飲酒や健康を害するタバコなどやめることと、定期的な健康診断などで、自分の体の状態を知るということが病気を未然に防ぐための有効な手段です。

日頃からの摂生や運動などと一緒に、健康診断を受けることで、早期発見、早期治療に繋がるからで、これにより、重篤な病気に至る前に適切な対策を講じることが可能となるからです。

予防医学の利用によって、様々な病気のリスクを低減することができるので、日頃からの健康管理をすることで病気にならない体作りを考えなければなりません。

また、体力を維持し向上させるためには、栄養バランスを取る食事と適切な運動が不可欠です。

運動は筋力を保つだけでなく、骨密度を高めたり、心臓病や糖尿病などの慢性疾患のリスクを減らす効果があります。

特に、高齢者に適した運動プログラムを取り入れることで、バランス感覚を養い転倒事故を防ぐなど、日常生活における安全性を高めることができます。

これらの健康管理は、一人暮らしの高齢者が自立した生活を続けるためには欠かせないことから、適切な運動を生活に取り入れることで、病気に負けない強い身体作りを心がけるようにしてください。

一人暮らしと老後の孤独

一人暮らしの高齢者にとって、いつも周囲に人がいないために孤独を感じることが多くあります。

家の中に一人で閉じこもっていれば、誰とも話すことがなく孤独感は増してきます。

孤独は心身の健康に大きな影響を与えるために、孤独を解消することは、健康で活気ある生活を送るための重要な課題となります。

イギリスには孤独省という政府の専門機関があるくらい孤独による精神的な病気や自殺など、孤独における経済的損出が計り知れないということで作られたものです。

孤独は人によって捉え方が違うのですが、特に定年後の男性において、仕事がなくなることでやることがなく社会から断絶されたという気持ちになることから、その人たちに社会参加として政府が補助金を出して仕事を与えるという政策を打ち出しました。

一人暮らしの高齢者が元気に暮らすためには、孤独をいかに解消するかが非常に重要で、孤独感を解消するために、周囲のコミュニティとのつながりを持つことが効果的ということで、地域の集まりや趣味のサークルへの参加、ボランティア活動などを通じて孤独感を和らげ新たな友情を育むことで、一人暮らしの高齢者を積極的に社会参加をさせようとしたのです。

孤独感を解消するためには心の充足を図ることと共に、趣味や興味の追求、学び直しや新しいことへの挑戦などが精神的な充実感をもたらし、孤独感を忘れさせてくれることから、一人暮らしの高齢者にとっては積極的に社会参加をすることが不可欠です。

また、自分自身でできることとして自己肯定感を高め、孤独感を乗り越える力を養うことをします。

そして、地域社会や周りの人が高齢者を気にかけることで、孤独死や認知症の予防にもつながってくるのです。

孤独死にならないために

高齢者の一人暮らしにとって心配なのは、いつ何時に倒れて、誰にも気が付かれないままになることが不安であり心配であるということを聞きます。

高齢者の一人暮らしにおける孤独死は、社会的にも個人的にも深刻な問題になるのです。

そのためには、遠く離れた親戚より近くに住む他人ということで、近所付き合いということが重要なのですが、最新の技術を活用することで孤独死を防ぐことができます。

一つの有効な手段が、IoT(Internet of Things)技術を用いた見守りシステムで、センサー技術を応用して高齢者の生活状況をリアルタイムで監視し、異常があればインターネットを介して家族や緊急連絡先に通知するものです。

例えば、室内の動きを感知するセンサーや、床に設置された圧力センサーが高齢者の活動パターンを監視し、通常の生活リズムからの逸脱を検知します。

また、転倒を感知したり、ベッドからの起床やトイレ利用の頻度を追跡することも可能です。

加えて、スマートウォッチや健康管理デバイスを通じて、心拍数や血圧、体温などの生体情報を常時監視することもできます。

これらの情報はクラウド上で管理され、異常があれば即座に家族や医療機関に通知されます。

これにより、万が一の事態に迅速に対応することが可能となり、孤独死のリスクを大幅に低減することになります。

このように、IoTの見守り技術を活用することで、高齢者の一人暮らしにおける安全と健康が保たれ、孤独死のリスクを大きく減らすことが可能です。

高齢者の見守りサービスとしては、ポットのお湯を使わないと連絡がいくようなIOT家電というものだったり、トイレの電気が、一日に一度も点かない場合は、連絡が行くというIOT電球というものがあるのですが、これらはすぐには連絡がいかずに最低でも半日のタイムラグがあることから、孤独死ということは防げても緊急性にはなりません。

高齢者の一人暮らしにおいては、色々なリスクがあるのですが、技術力やボランティアなどの見守りサービスを利用することで、社会が高齢者の一人暮らしをサポートするという体制になることが、安心した住みやすい社会になるということなのです。

一人暮らしの高齢者が安心できる社会

一人暮らしの高齢者が安心して生活できる社会が実現するためには、経済的な安定や健康管理、社会的なつながりといった社会づくりが重要となってきます。

経済的な面では、適切な資金計画と資産管理を支援し、高齢者の雇用ができるようにして、副収入の機会を提供することが必要です。

また、健康面では予防医学の利用を促進し、適切な運動や栄養摂取を通じて、高齢者が活力を持って生活できるようにする必要があります。

社会的なつながりを維持するためには、コミュニティの活動や趣味のグループへの参加を奨励し、孤独感を減らす努力が求められます。

また、安全な住環境の確保も欠かせませんし、バリアフリーの設計やIoT技術を活用した見守りシステムの導入など、高齢者が自宅で安心して生活できるような環境を整えることが大切です。

これらの取り組みは、高齢者本人のみならず、家族、地域社会、政府が一体となって、高齢者の一人暮らしでも、安心して生きることができる社会の実現になるのです。

今年の1月1日に、石川県の能登地方で大きな地震がありました。

地方都市であるために高齢者の一人暮らしも多く、津波注意報が出た時も隣近所の人が声を掛け合って、一人暮らしの高齢者の手を取って一緒になって逃げたということです。

あいにく古い家屋が多かったことから84人が倒壊した建物の下敷きになって亡くなったり、いまだ安否不明のまま取り残されている人が179人いるということです。

このような時に犠牲になるのは高齢者であって天災は仕方ないこととはいえ、地域の助け合いということが本当に大事なことだと思い知らされます。

高齢者だけではなく、すべての人が幸せで助け合いながら暮らせる社会が来ることを願っています。

今回の地震で犠牲なられた人のご冥福を祈ると共に、関係者の方にお悔やみ申し上げます。