お一人様のためのお墓事情

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

現代社会において、「お一人様」の増加は、多くの新しい課題をもたらしています。

その一つが、自分が亡くなった後のお墓の問題です。

親族がいない、または遠方に住んでいる場合、自分の最終的な場所をどこにするかは、早めに考えておくべき大切な問題です。

郷里から離れて住んでいて、実家にお墓はあるにしても跡継ぎでない自分がそこに入れるかどうかわからないということがあります。

だからといって、自分用のお墓を買うにしても、身内がいなくお参りに来てくれる人がいなかったり、維持管理費がかかる場合はどうすればいいかなど考えてしまいます。

今回のブログは、お一人様の自分が亡くなった時に、お墓をどうするかについて考えてみることにしました。

お一人様が亡くなった際の納骨については、生前に計画を立てておくことが非常に重要です。

身内がいない場合、自分の遺骨をどう扱うかをあらかじめ決めておくことは、老後の不安を軽減することになります。

一人で暮らしていると言っても、全く身内がいないわけではなく、死んだときには頼める人がいればいいのですが、全く身内がいない人の場合はどうすればいいでしょう。

引き取り手がいないということで、無縁仏になるというのもなんだか忍びない気がします。

だったら、生きている間に、死んだ後はどうしてほしいか考えておく必要があります。

最近では、一人暮らしの身寄りがない人が死んだ後に、葬儀から納骨までやってくれる身元保証の会社が存在します。

それに、各霊園には永代供養管理費込みの永代供養墓や共同墓苑もあったりします。

永代供養墓とは、故人の遺骨を特定の期間または永久に供養してくれる墓地や納骨堂のことです。

身近に遺族がいない人や、後世まで墓地の管理を望まない人にとっては適した選択肢です。

運営団体であるお寺や霊園が、故人の供養を永続的に行うため、遺族がいなくても、または将来的に遺骨を継ぐ人がいなくても、故人が適切に供養され続けることを保証されます。

生前に契約を行い、自分の死後の供養について、前もって決めておくことができることから、身寄りのないお一人様には永代供養墓が適しています。

共同墓苑とは、家族墓(一般墓)と違って見ず知らずの人も含めて、共同墓地に埋葬されます。

永代供養墓と似ていますが、共同墓苑に埋葬した場合は、遺族は合同墓碑にお参りします。

しかし、共同墓苑でも、永代供養費を先に納めておけば永久に管理してくれるので永代供養墓に似ています。

最近のお墓事情は、人口構成の変化、土地利用の効率化、そして個々人の価値観の多様化によって大きく変わりつつあります。

一般的な家族墓(一般墓)から、様々な代替的な葬儀、埋葬方法への関心が高まっています。

  • 自然葬: 海葬や樹木葬など、自然に還ることを重視する埋葬方法が注目されています。環境への配慮や、個人の生前の価値観を反映させやすい点が魅力です。
  • 合祀墓: 複数の故人の遺骨を一つの墓に合祀する方法です。親しい仲間とかグループでお墓を作ります。
  • 納骨堂: 屋内に設けられた遺骨を納める施設で、保守管理が容易であり、天候に左右されずに訪れることができます。
  • 共同墓苑: 複数の家族や個人で共有する墓地で、土地の有効活用やコスト削減が可能です。
  • 永代供養墓: 特定の寺院や霊園が故人を永続的に供養するサービス。遺族がお墓の維持管理を心配する必要がなく、遺族がいない場合や、将来的にお墓の管理を引き継ぐ人がいない場合に選ばれることが多いです。

ここに書かれたこれらの傾向は、現代社会の変化に伴うものであり、個人が自分や家族にとって最適な埋葬方法を選ぶための選択肢が増えていることを示しています。

埋葬方法の選択にあたっては、故人の意志、家族の状況、維持管理の実現可能性など、様々な要素を総合的に考慮する必要があります。

お一人様の自然葬は、近年特に注目されている葬儀の選択肢の一つです。

伝統的な家族墓に代わる形として、または個人の環境に対する意識の高まりとともに、多くの人々が自然葬を選択しています。

お一人様が自然葬を選ぶ理由には、家族墓に入らないという理由から、永代供養墓や共同墓苑を選ぶのですが、環境への配慮、経済的な負担の軽減などから、自然葬に関心が高まっています。

多くの人が伝統的な葬儀や墓地のあり方に代わる選択肢を求めていて、自然葬は、故人を自然に還すことを目的とした葬儀の方法です。

自然葬には、海葬、樹木葬、散骨など、様々な形式があり、それぞれが自然への深い愛情や敬意を反映しています。

例えば、海葬では故人の遺骨を海に散骨し、生前海を愛した人がその大好きな場所に永遠に眠ることができます。

樹木葬では、遺骨を特定の樹木の下に埋葬し、その樹木が成長することで森林再生への貢献も期待できます。

散骨は、山や草原、公園など、特定の自然の場所に遺骨を散布する方法で、故人が生前愛した自然に還るという選択です。

お一人様が自然葬を選ぶ場合、生前の準備が非常に重要です。

これには、自然葬を提供する葬儀社や施設との事前相談、葬儀プランの決定、必要な手続きの確認などが含まれます。

また、自分の最終的な意志を明確にするために、遺言書に自然葬の希望を記録しておくことが望ましいのです。

身内がまったくいなく、納骨を身元保証サービス会社にお願いする場合は、どこに納骨するかなど頼んで契約しておかなければなりません。

自然葬は、お一人様にとって、生きた証を自然の一部として残し、人生の最終章を有意義に締めくくるための選択肢を提供することから、お一人様の葬儀方法からすると増えていくのではないでしょうか。

これらのことを含め、お一人様のお墓事情は、前もって考えておく必要があるということになります。

[bl

日本全国から送骨により、遺骨を永代供養している墓苑があります。

お墓を建てることができない人や、事情があってご遺族の遺骨を引き取れない人や、後継ぎや身内がいないので遺骨をどうするか困っている人のために納骨から永代供養まで行ってくれます。

お一人様においても、どなたかに頼んでおけば、埋葬されずに遺骨が路頭に迷うことがなくなります。

そのためには、改葬許可書などの手続きがいりますが、ネットで申し込めば指定のゆうパックで送ることができます。

これも、世の中の現代的な事情なのではないでしょうか。