アメリカに学ぶ老後の自立した生き方

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

日本は今、世界でも特に高齢者が多い国の一つになっています。

この状況は、私たちの老後の過ごし方に大きな変化をもたらしています。

長い間、家族が中心となって高齢者を支えるという形が一般的でしたが、家族の形も変わりつつあり、これからの社会では新しい考え方が求められています。

この記事では、現在の日本での高齢者の生活と直面している問題点について、これからの社会で高齢者が幸せに過ごすために、どのような新しい価値観が必要なのかを考えてみることにします。

かつての日本社会では、多世代同居が一般的で、家族が高齢者のケアを担う体制が自然と形成されていました。

このシステムは、儒教の影響を受けた「孝」の文化と、家族内での役割分担を基盤としています。

しかし、時代が変わって、家族の形も少しずつ変わってきました。

今では、一人で暮らす高齢者や、子供家族だけで生活する家庭が都市部を中心に増えています。

子供たちにもそれぞれの生活があり、お年寄りも自分の生活を自分で管理することが大切になってきました。

つまり、お互いに支え合いながらも、自分のことは自分でできるようにという新しい考え方が求められているのです。

このように家族の形が変わると、お年寄りを家族が見るという体制にも変化が出てきました。

つまり、子供は子供の生活があり、親は親として自立した生活を続けなければならないといった考え方です。

日本の人口高齢化は、世界でも類を見ない速度で進行しており、社会保障費の増大、労働力人口の減少、医療・介護サービスへの需要増加など、多岐にわたる社会的課題を引き起こしています。

さらに、家族制度が変わったことで、、高齢者の一人暮らしが多くなってきているのです。

日本では昔から家族がとても大切にされていましたが、時代が変わった今、アメリカのような個人を大事にする文化が尊重され、親子の間でも個人主義の考え方が入り込んできました。

したがって、自分のことは自分で決めたり、自分のことは自分でするという自立した考え方が一般的になってきたのです。

日本のように家族制度が文化の根幹をなしてきた国でも、社会の変化に伴い、個人の自立や自己実現を重視する価値観を取り入れることが、今後の持続可能な社会を築く上での重要なことになってきました。

そこで、日本社会でも一人暮らしの高齢者が、社会から孤立することなく、一人でも住んでいけるような社会的構築が急務となってきています。

そこで、これからの日本社会は、アメリカなど他国の例を参考にしつつ、自立した老後の生き方を支援し、個人主義の考え方における老後の生き方を考えなければならないのです。

アメリカにおける自立した老後の生き方は、その社会の個人主義的な価値観に根ざしています。

子供が成人して大きくなれば、親は親としての生活を求めます。

この価値観は高齢者の生活のあらゆる面に影響を及ぼし、自己決定と自己責任を重んじる文化を形成しているのです。

アメリカの高齢者は、自分の人生と老後を自分自身で管理しようという強い意志を持って生活しています。

その具体的な表れとしては、健康維持への意識の高さ、生涯学習への積極的な姿勢、社会とのつながりを重視する生き方、そしてテクノロジーの利用が挙げられます。

健康維持は、アメリカの高齢者にとって最優先事項の一つです。

定期的な運動やバランスの取れた食事、予防医療への積極的な参加を通じて、自立した生活を長く続けるための基盤を築いています。

また、アメリカの高齢者は自己成長のために、高齢になっても学習の機会を求め続けています。

地域のカレッジが提供する講座やオンライン講座を利用して、新しいスキルを学んだり趣味を深めたりしています。

社会とのつながりを保つことも、アメリカの高齢者にとって重要な要素です。

ボランティア活動、地域社会のクラブや団体への参加、そして家族や友人との関係維持を通じて、社会的な孤立を防ぎ精神的な充足を得ています。

このような社会参加は、自立した生活の質を高めるだけでなく、自己実現の生き方を目指しているのです。

このようない高齢者におて、何らかの社会参加を行なっていて、自ら孤立しないように努めています。

しかし、どうしても若い人のようなフットワークが遅くなることから、インターネット、スマートフォンなどを駆使することで、家族や友人とのコミュニケーションなど、テクノロジーを利用しています。

テクノロジーの利用は、アメリカの高齢者の自立を支える重要な要素で、テクノロジーが高齢者の自立した生活が続けられるように補っているのです。

アメリカにおける高齢者の社会とのつながりは、多面的で活動的な関わり合いを示しています。

そして、高齢者だから何もしないということではなく、高齢者は地域社会やさまざまな組織を通じて、自らの経験、知識、スキルを共有し、次世代に価値ある教訓を伝えています。

ボランティア活動は、高齢者が社会と積極的に交わる主要な方法の一つです。

多くの高齢者は、学校、病院、非営利組織、コミュニティセンターでのボランティアとして、自分たちの時間とスキルを提供しています。

これらの活動を通じて、高齢者は社会に対して有意義な貢献を行い、同時に自身の人生に充実感と目的をもたらしているのです。

多くの高齢者は地域社会のクラブや団体に積極的に参加していて、趣味や興味を共有するグループ、例えば読書クラブ、ガーデニングクラブ、スポーツチームなどに参加することで、同じ興味を持つ人々とのつながりを深め社交的な活動を楽しんでいます。

これらの集まりは、高齢者が社会的な孤立を防ぎ、精神的な健康を保つための重要な機会を提供しているのです。

高齢者だからと家の中に引きこもるのではなく、積極的に社会参加することで、みんなでお互いを助け合うというコミュニティーが成り立つのです。

このように、アメリカにおいて高齢者は、ボランティア活動、コミュニティグループへの参加などといった社会参加を通して、自分自身で孤立しないようにしているのです。

アメリカの自立した老後の生き方は、健康維持、生涯学習、社会とのつながり、テクノロジーの利用という四つの柱に支えられています。

これらはすべて、個人が自分の人生を主導し、充実した老後を過ごすための自己決定と自己責任のためのもので、アメリカの高齢者たちは、これらの要素を通じて自立した生活を享受し、その過程で自分自身と社会に価値を提供しているのです。

高齢になったら守るものだということや、高齢者は助けるものという考えではなく、若者だろうが高齢者だろうが平等で同じ扱いを受けているということです。

ただ、困った人には手を差し伸べるという精神はキリスト教文化の中に息づいていて、高齢者だろうが障害者だろうが困ったら地域社会やボランティア団体との連携を強化して、みんなが自立した生活が送れるように助け合うのです。

それは、高齢者が高齢者をサポートすることがあるように、共生の精神が息づいているからです。

将来の日本における高齢者の生き方において、日本の高齢化社会が直面する課題に対処する方法として、高齢者がより自立した生活を送れるように考えなければならないことです。

日本においても、日本特有の社会的、文化的背景を踏まえた上で、高齢者が自分らしい充実した老後を生きられるようにしなければならないのです。

これからの日本社会が高齢者にとって住みやすい社会となるためには、高齢者が社会の一員として尊重され、高齢者が活躍できる環境の整備が必要です。

家族制度の変化に伴い、高齢者一人ひとりの生き方を尊重するとともに、社会全体で互いに支え合う社会を目指すことが求められています。

しかし、高齢者を守る社会福祉が充実したとしても、最も重要なことは、高齢者一人ひとりが自立して生活するということではなく、ベースにあるのは困ったときに周囲が手を差し伸べるという社会的共助の精神がなくてはならないのです。

これからの日本が、高齢者が住みやすい社会になるためには、高齢者が社会の一員として尊重され、活躍できる環境を整えることができるためにみんなが助け合う精神です。

いくらテクノロジーが発展して、社会福祉が整えられても、見て見ぬ振りの社会や、他人の事は我かんせずという精神であれば、高齢者や弱者にとって自立した社会はとても住みにくい社会となるのです。

日本における高齢者が生き生きと暮らせる社会は、福祉の充実ばかりではなく、思いやりのある社会を目指すということが重要なのではないでしょうか。