※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

シニアが収益ブログを書く目的

ブログは何のために書くのだろうかといったことを疑問に思ったことはありませんか。

ブログを書かなくても、人間生きていけます。

にほんブログ村」を拝見していると若い人からお年寄りまで、ものすごく多くの人が毎日のようにブログを発信しています。

サラリーマンや主婦の人もいれば高齢者も多くいます。

それぞれの人に人生があり、自分の思いを書いているのですが、その人たちはブログを何のために書いているかと考えたことがあるのでしょうか。

ブログを書いている人の目的はいくつかあります。

1、自分の経験や知識、見解を表現し、情報発信して他人と共有することを考えている人。

2、自分の意見を表明し、社会的な影響として変化を促すためにブログを書いている人。

3、自分の趣味などを書いて、同じような仲間とコミニケーションを取ろうとしている人。

4、自分自身の専門知識としての発表の場として考えている人。

5、収益が目的でブログを書いている人。

6、認知症予防のために文章を書くことがリハビリと捉えている人。

7、自己表現と自己成長としての確認のためにブログを書いている人。

その他、いろいろな人がいろいろな目的を持ってブログを書いています。

私はというと、私のブログを書く目的は、ズバリお金儲けです。

このような時は、困っている人を助けるためと言っておいた方がいいので、そのようにしておきますが、私が本格的にブログを始めたきっかけは、「ブログで5億円稼いだ方法」といった本に出会って、ブログで稼いでみようと思ったのが始まりです。

シニアになって、老後の資金を得るために始めたということが正直な話です。

だから、私のブログは稼ぐための収益ブログを目指しています。

ブログを書いていて気が付いたのですが、ブログを書くことはいろいろな効果があります。

私はこれまで、いくつかの無料ブログを書いてきた経験があります。

YahooブログとGMOのティーカップブログです。

二つとも運営会社の都合で廃止になってしまいました。

長く続けていたティーカップブログは、1日の出来事を忘備録のように日記がわりに書いていて、自分の人生観など発信していました。

しかし、私の生き方など他人が興味あるわけがなく、一般の読者など見に来ることはなく、忘れた頃に知り合いが見に来るぐらいです。

それでもブログを書き続けていたことから、人はブログを何のために書くのだろうと疑問に感じていました。

そこで私が気が付いたことは、個人ブログにおいては、その日にあった嫌なことや悩んだことなど、ブログに書くことで気持ちの整理がつくことができたことから、ストレス解消として大いに効果があると気が付いたのです。

さらに、1日の行動を書いてそれを読み返した時に、自己成長のきっかけになる効果もあるということも感じました。

ブログを書く目的とは別に、自分にとってのストレス解消であり自己実現のための効果があることから、読者がいなくてもブログを書き続けているのだということです。

しかし、自己表現の場としての考えは、最近の若い人は、X(ツイッター)とかインスタグラムといったものをやることで、自己表現を楽しんでいます。

そのようになると、ブログは若い人の自己表現の場を失ったということが言えます。

ブログはそもそも個人の論評や旅行の体験談を書いて発表することから始まりました。

1997年にウエブサイトに個人の記録を残すことが始まりで、1999年にネットの技術的な知識がなくても、ブログ作成ツールによって毎日の出来事などを記録して、オンライン日記として配信することができるようになったということです。

さらに、今までは新聞などの媒体で書かれていた政治的批評などが、ブログを通して自分の意見や考えとして個人が自由に書いて配信することができるようになったことから、政治家やニュースメディア、企業などにもブログが広まり、情報発信の手段として利用されるようになりました。

そして芸能人などもこぞってブログを始めるようになり、芸能人が使っていいねと宣伝した化粧品が大ヒットして売れることから、いつしかブログが収益を生むアイテムになったのです。

最近では自己表現のアイテムがSNSに変わり、収益を生むものだったブログがYouTubeに変わってきました。

本当にブログは終わりを迎えたコンテンツなのでしょうか。

ブログの使われ方については、ブログが世に出た時から変わらない自己表現をするアイテムとして動き続けています。

個人ブログにおいては毎日の自己表現の役割として価値を発揮することができ、それぞれの人生に寄り添った働きをしています。

読者のために書くのではなく、自分が社会とつながりを持つためや、自分の存在理由をブログで発信することで、自分というものを確信することができるのです。

つまり、ブログの価値には二つあって、個人の自己表現を目的としたブログと、収益化を目的としたブログといったものがあり、自己表現としてのブログが自分のため、収益ブログは読者のためにあるという二つの価値が存在します。

立場の違うブログについて比較して書いてみました。

特徴自己表現を目的としたブログ収益ブログ
主な目的自分自身の考え、感情、経験、興味を共有する。他人とのつながりを築く。自己理解を深める。読者を増やし、サイト訪問者からの収益を最大化する。
内容の性質個人的で創造的。ターゲット読者や市場ニーズに合わせた内容。
収益化への取り組み収益化は二次的な目的、または考慮されていない。戦略的なSEO対策、アフィリエイト広告を含む収益化戦略。
投稿のスタイル深い感情的なつながりを築くための自由なスタイル。定期的かつ戦略的に投稿。
読者との関係深い感情的なつながり。商業的な関係、サービス業のような接客スタイル。

二つの価値が違うブログでも、価値が交差することがあります。

たとえば、個人の自己表現を目的とするブログが人気を博し、多くの読者を引きつけるようになれば、収益化の機会を検討することができます。

また、収益化を目的とするブログでも、個人的な意見やスタイルが強調されることで、より人間味のある接点を読者に提供することができるのです。

ブログが二極化ということではなく、自己表現と読者のためという目的における価値は違っても、自分の目的に応じて適切なバランスを見つけてそれを維持することができれば、二つの価値を有したブログを作ることができるのです。

私が書くブログの目的は、収益ブログとして考えて書いています。

だからと言っていかにお金を稼ぐかという目的ではなく、有益なコンテンツを書くことで読みに来てくださった人に、新たな考え方のヒントになってもらいたいと願っています。

そもそも私は、年金暮らしをするようになって、毎日がつまらなく、働いていた時から比べて自由であっても張り合いがない生活に、社会から置いてきぼりにされたような気になっていました。

ありがたいことに73歳になる今でも、仕事場に向かって何らかの役割を与えられているとはいえ、若い時のような積極的な向上心は失われてきています。

もう一度、起業してみたいというような夢を持つことで、老体に鞭を打つことをしてアグレッシブに生きることをしたいと考えるのですが、年金生活で暮らしが安定してしまうと、それがかえって積極性を失わせているのではないかと感じます。

だからと言って新たな起業は夢のまた夢であり、そのようなエネルギーはないことから、収益ブログを作ることで資本をかけずに個人の力でできる副業ということを考えたのが始まりです。

だから、私が考えるブログは会社経営と同じでマーケティングや戦略ということを考えながらブログを立ち上げ、いかに売上を立てることができるかといった挑戦でもあるのです。

そして、その考え方をブログで配信して、同じように会社を定年退職して生きることが辛く、何か生きがいになるようなものを見つけたいと考えているシニアに対して、ログで収益を考えることで、生きがいとやりがいを見つけて元気を取り戻してもらいたいと、一緒に行動を起こしてもらいたいといった思いからブログを書いています。

収益ブログを書きながら自分が成長していく過程をさらけ出し、ブログ本来の日々の成長の日記のつもりでブログを書いていきます。

悩んだこと迷ったこと壁に突き当たったことなど書きますので、読む人はそれを参考にそこから何かを学んでください。

このブログでは、ただ情報を提供するだけでなく、読者が一緒に成長できるような内容を心がけています。

情報だけを提供する収益ブログにはない面白さを持ち、いつの間にか読者も一緒に成長していると感じてもらえるように、読者が気づいたときに、このブログは役立つ情報が盛り込まれていて、有意義だったと感じてもらえるようなブログを目指していきます。

そして、このブログを読んだ人が、読むだけではなく一緒に行動に移してくれればブログを書く価値があるというものですので、一緒に収益ブログを作ることに挑戦してください。

ブログは何のために書くのだろうかといえば、書く人も読む人もブログを通してハッピーになってもらいたいためにブログを書く意味と目的があるのだと考えています。