※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

高齢者の体力アップに自宅でできるローイングマシン

歳をとるということはいろいろなことが起こります。

若い時のような、このようなことができたのにということができなくなります。

中年になると皆さんも経験するように老眼ということが起こります。

さらに、重いものや高いところに上ることも苦労するようになります。

最近の私は耳が遠くなったような気がしています。

そして、いつも喉に何かが引っかかるような気がして、食事をしながら咳払いをするようになりました。

昔、お年寄りが何かにつけ咳払いをするので偉そうにとか、うるさいと思った気がしますが、今考えると年齢のせいだったのだと思えるようになりました。

この歳になって分かるということがあるので、自分だけの判断で他人を軽々しく批判してはいけないと思えるのは、相手の立場にならないと分からないことが多くあるからです。

先日も、前を行くお年寄りがすごく歩くのが遅いので邪魔だなと思ったのですが、そのように思う私も年寄りには違いなく、その人より少しだけ元気だから思えたのかもしれません。

もう少し歳をとれば、私も同じように歩くのが遅いと批判されるかもしれません。

年は取りたくない

歳は取りたくないと思っても、日々歳は取っていきます。

そして、年々体力や、どこかが悪くなっていきます。

しかし、いつまでも元気で丈夫でいたいと考えるのは当たり前なことから、体力を維持するためにジムに通うことにしました。

最初に通ったジムは、日中の昼間は高齢者の寄り合い所のような雰囲気のジムで、サウナや大浴場がついているために、お年寄りに人気だったのかもしれません。

しかし、月々の費用が高かったために駅前の近くにできた身体を鍛える専門のスポーツジムに鞍替えすることにしました。

ところがここは若者が多く、ウエートトレーニングなど専用であるために、年寄りの私などは付いていけず、そこでのウォーキングマシンなどをやっていたら、膝を痛めてドクターストップがかかってしまったのです。

若者の中に混じるとついオーバーペースになって運動をやり過ぎてしまったのかもしれません。

身体を痛めてジムトレーニングの挫折

ジム通いを辞めたら、一気に5キロ太ってしまいました。

歳を取ってからの体重の増加はあまり良くないということだったので、ジムにもう一度復帰しようかと考えたのですが、Amazonでローイングマシンという、ボート漕ぎ運動のような自宅でできるものを見つけました。

動画のマシンとこのマシンは違うものです。

これなら音が静かでマンションの部屋の中でやっても、下の階に振動や騒音で周りに迷惑かけることはなく使うことができます。

ただ、170センチの長さと幅50センチのスペースがないと場所をとるかもしれません。

口コミレビューで引っ張る力の重さを変更してもそれほど変わらないということですが、重い状態でトレーニングする必要もなく、高齢者においては、腹筋背筋の運動と有酸素運動においては筋力アップには効果的なマシンです。

マンションの部屋でのランニングマシンは振動があって下の階からクレームが来ますし、フィットネスバイクは膝を痛めることを考えると、高齢者にはうってつけの健康器具です。

そして、使わない時は縦置きで収納することが可能です。

これなら高齢者にも毎日少しづつ無理なく行うことができ、健康増進にもなる優れものです。