郷里の実家の墓じまいについて

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

長い間、日本の家族は先祖代々の墓を大切に守り、管理し供養してきました。

しかし、核家族の増加、地方から都市への人口流出、ライフスタイルの変化などにより、伝統的なお墓の維持が難しくなってきています。

さらに、現代人の生き方や価値観も多様化し、死生観も変わりつつあります。

それに伴い、個人や家族が自分たちの価値観に合った形で故人を偲ぶ方法も変化して、新しい埋葬の仕方も考えられてきました。

それは、散骨や樹木葬、共同墓苑など、従来の家族墓とは異なる多様な形態が選ばれるようになってきたのです。

そうした社会的、文化的変化を反映した中で、郷里の実家に残されたお墓をどうすればいいかということが現代が抱える悩みの一つになってきています。

郷里の実家に親や親戚が住んでいる場合はいいのですが、もしも親が亡くなった時に実家に残るお墓をどうすればいいかということです。

残された実家の処分と同じように、郷里の墓じまいをしなければならないという選択肢を考えなければならないのです。

日本の伝統的な家族墓、その継承と管理に関する価値観が変わりつつあります。

家族として、高齢の親や親戚が抱える墓じまいの問題にどのように対応すれば良いのか、悩む方も多いと思います。

今回この記事では、墓じまいとは何か、なぜ今、多くの人が墓じまいを考えなければならないかということを探ってみます。

墓じまいとは、今ある先祖代々の墓を解体して、それ以降にはそこに新しい墓を持たないことを指します。

自分たちは死んだらどこに入るかといえば、それはお墓に対する価値観の多様化であって、実家から離れたところに新たにお墓を作るということが考えられます。

つまり、自分にとって郷里のお墓は大事でも、自分の子供や孫は縁もゆかりもないということがあるからです。

後継家族が、地元を離れずに郷里に住んでいる場合はいいのですが、後継が都会に出てきて、実家のお墓を守るということができないということがあるからです。

そのようなことから、老後になって自分が死んだらと考えると、墓じまいという選択をする人が増えてきたのは、自分の子孫に郷里にあるお墓に対する負担をかけたくないという意識があるからです。

この考え方は、地方から都会に出てきた人に多く見受けられる考えで、地方ではまだ先祖のお墓を引き継ぐというならわしは存在しているのですが、身内が住わなくなった実家のお墓を誰が管理していくかという問題は深刻な問題になるのです。

このような、墓じまいを考える理由は、社会的変動と家族の変化に深く根ざしています。

郷里に誰も住む人がいなく遠く離れた実家のお墓参りになかなか行けない場合、お墓が荒れ放題になることを考えると、自分の代で墓じまいをするという判断になるのです。

家族とか先祖という考えが、核家族になってくると今までのお墓に対する考え方も変わってきたということは事実ですし、子供の数も減少したり後継問題という価値観が変わってきたとことになってきました

言えるからです。

人々が地方から都市部に移り住むことで、故郷に残された空き家問題と同じように実家のお墓問題も同じように考えなければならないのです。

これらの家族の変化は、これからの日本の社会現象と同じで、地方がどんどん廃れていき、空き家問題、後継がいないお墓問題と価値観の多様化ということを含めて無視できない問題になってきました。

墓じまいのプロセスと手続きは、複数の段階に分かれ、慎重かつ丁寧な取り組みが必要です。

まず始めに、家族や親族間での合意形成が必要となります。

これは感情的な問題を含むデリケートな話題であるため、全員の同意と理解を得ることが重要です。

この段階で、何代にもわたる家族の歴史や伝統に対する尊重と、現代の生活様式や価値観を調和させる話し合いが行われなければなりません。

伝統的な価値観や考えの中で、この墓じまいという選択に迷っている家族もいるでしょう。

遠く離れた郷里に、他に親せきがいる場合は墓守を頼むことができますが、自分しか跡取りがいない場合は、墓じまいという選択肢の中で他の親族とよく話し合うことが重要なのです。

親族間の合意が形成された後は、墓地の管理者や、該当する宗教施設の担当者に墓じまいの意向を伝えることから始まります。

何代にも渡って埋葬されてきたお墓なら、郷里の共同墓地に埋葬して、そのお寺で管理とともに永代供養をしてもらうという方法がありますし、先祖としてみればそこの土地で眠るということが好まれるでしょう。

しかし、跡取りの住む近くの墓地の納骨堂や共同墓地への移動といった方法もあるので改葬方法を決めなければなりません。

郷里のお寺によっては、墓じまいは檀家を辞めるということになるので、法外な金額を請求される場合があるので、トラブルにならないためにも、できればそのお寺の納骨堂などに収めることが良いのではないでしょうか。

今回の墓じまいの趣旨は、離れた郷里にある先祖代々の墓が、自分達の子供たちに残した場合、お参りに行けないので荒れるのが忍びないということから決めたもので、そこのお寺で永代供養をしてもらうという考えが良いと言われればば良いのであります。

墓石の解体や撤去、遺骨の取り扱いについては、墓石業者と具体的な手続きを依頼して相談しましょう。

お寺が推薦する石材店にすべてお願いすれば代行してくれますが、改装するに当たっては土地の役所に改葬許可申請書を提出しなければなりません。

改葬するお墓があるお寺には埋葬証明書を書いてもらいます。

郷里から自宅近くの場所に遺骨を移送する場合は、次の遺骨の受け入れ先である霊園などで受け入れ証明書をもらいます。

埋葬証明書と受け入れ証明書を用意して、自治体から改葬許可申請書がやっと発行されるのです。

この許可申請書がないと、今ある遺骨を簡単には移動することはできないのです。

このように、遺骨を移動するということは一つづつ遺骨に対する改葬許可申請を受けなければならなく、ましてや、郷里のお墓から遺骨すべてを今の家の近くのお墓に移動するとなると大変な作業になります。

このようなことから、お墓があるお寺で永代供養を依頼することがスムーズに執り行うことができるのではないでしょうか。

その後、最終的には、お墓が撤去された後に行う「閉眼供養」を通じて、先祖の魂を慰め、新たな供養の場所へと移行します。

これは、遺骨を移動した後、元の墓地を清め、供養する儀式であり、お墓を解体するプロセスの最後に位置づけられます。

墓じまいは、単に物理的なお墓を撤去する行為にとどまらず、故人への敬意と供養の心を新しい形で表現する行為です。

したがって、全ての手続きは、故人とのつながりを大切にしながら、親族全員の合意のもとに慎重に行われるべきなのです。

将来を見据えて墓じまいを考える際、いくつかの重要なポイントを念頭に置く必要があります。

まず第一に、家族や親族との円滑なコミュニケーションが不可欠です。

墓じまいは、単に物理的なお墓を撤去する行為ではなく、故人への敬意を新たな形で表現するものであるため、家族間で意見を共有し、全員の同意を形成することが大切です。

感情的な問題や遺骨の行く先など、デリケートな話題に対しては特に十分な時間をかけて話し合い、理解と合意を深めることが重要です。

次に、墓じまいにおける法的、宗教的な要件を理解し、適切に対応することが必要です。

異なる自治体や宗教団体によって、墓じまいに関する規則や手続きが異なる場合があるため、事前にしっかりと調査し、必要な手続きを確実に行うことが重要です。

墓じまいは感情的な面だけでなく、経済的な面も考慮する必要があります。

撤去作業や新しい供養の形への移行には、それなりのコストがかかることが多いです。

また、墓石の撤去や遺骨の移動に関する専門業者を選ぶ際には、信頼できる業者を選び、細かい条件や費用についても事前に確認しておくことが、後から膨大な費用請求がきてトラブルにならないためにも大事なことです。

家族で負担可能かどうかを話し合い、必要に応じて事前に資金計画を立てることが重要です。

墓じまいを考える際は、これらのポイントを念頭に置きつつ、故人の意志と家族の願いを尊重することが何よりも大切です。

適切な計画と準備を通じて、先祖に対する敬意を表しながら、家族にとって最良の選択を目指しましょう。

[bl