高齢者に便利なクレジットカード払い

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

現代社会においてクレジットカードは多くの利便性をもたらします。

特にシニアにとっては、現金主義の生活が一般的でしたが、ネットショッピングの普及や公共料金の支払い、さらには役所関連の手続きの支払いに至るまで、クレジットカードでの取引が増えてきています。

病院などの支払いも、最近ではクレジットカードに対応しているところが多く、毎月の検診や、薬局での支払いでもクレジットカード払いが出来て、現金払いよりもクレジット払いの方が、お店によっては喜ばれます。

なぜかといえば、現金の場合はレジの金額を最後に合わせなければならないという手間が必要だからです。

そのようなわけで、ますますクレジット払いというのが世の中に普及してくることから、シニアにも少なくとも1枚はクレジットカードを持っておくことが望ましいのです。

そこで、今回のブログでは、高齢者でも便利に使えるクレジットカードについて考えてみることにしました。

若いときから持ち続けていたクレジットカードを、定年になって断捨離のために解約してしまったという高齢者の人がいますが、クレジットカードは信用取引であるために、長年持ち続けていたカードなら、それなりの信用がついているので解約しないほうがいいのです。

ただ、クレジットカードを複数もっていて整理する意味で解約するのなら良いのですが、全て解約した場合、新たにクレジットカードを作ろうとしても高齢者になると簡単には審査に通りづらいということがあります。

なぜなら、クレジットカード会社も、カードを使って多く買い物をしてもらいたいことから、高齢者ではあまり消費してもらえないのではないかと審査に通りにくいのです。

だからと言って、高齢者はクレジットカードを作れないかということではなく、年金という安定収入があるために作ることはできます。

セブンイレブンなどコンビニで5%のポイントがついてくる三井住友カード(NL)は、高齢者でも安定収入があれば簡単に作ることができます。

その他には、楽天カードも作ることが簡単にできますが、限度額は高齢者の場合は30万円ほどに抑えられてしまいます。

流通系のイオンカードなどは、イオンで買い物をするために高齢者でも作ることができます。

クレジットカードが一枚あれば、旅行に行く時など現金を持たないことから盗難に遭ったとしても、すぐに取引を止めることができるので、盗んだカードで高い買い物などされることはありません。

このように、クレジットカードはとても便利なものなのです。

クレジットカードを持つ際には、使用するカードの選び方や管理方法に注意が必要ですが、高齢者には年会費がかからないものや、ポイント還元率があるものを選びましょう。

また、不正使用されないように、カード情報の管理にも細心の注意を払う必要があるために、最近のカードなどは券面にクレジット番号などが書かれていないものもあります。

クレジットだとつい使いすぎてしまうと思われる人には、毎月登録した一定額以上は使えないカードや、支払いと家計簿が一体になっているカードもあります。

高齢者だからといってクレジットカードを作れないというわけではないのですが、作る時の審査に通らないこともあります。

自分は昔から現金派でクレジットカードなど持ったことがないという高齢者がいますが、このような方は負債などを抱えてブラックリストに載ることもないのですが、一見このような人ならすぐにクレジットカードを作れるかというと作れないのです。

クレジットカードは信用取引なので、一度もカードを作ったことがない人は信用というものが保証されないということで、カードを作ることができないのです。

借金などしたことないのにおかしいと思われるかもしれないのですが、信用はクレジットカードを使ってきちんと返済しているということが信用になるために、一度もクレジットカードを作ったことがない人はその取引の信用がないために、かえって信用がないと思われてしまうのです。

クレジットの信用は、カードを多く利用して、きちんと返済している人が上客と見なされるのです。

デビットカードは、利用者の銀行口座と直接連動しており、購入時に商品やサービスの代金がすぐに口座から引き落とされる支払い方法です。

クレジットカードと異なり、後日請求されることはなく、使用した金額はリアルタイムで口座から引き落とされます。

このため、デビットカードは支出管理がしやすく、使いすぎの心配が少ないことや、後から支払い請求が来て使いすぎて困ったということがないのです。

  1. 即時支払い:購入した商品やサービスの代金が直ちに銀行口座から引き落とされます。借入れをする形ではないため、後日請求されることがありません。
  2. 審査が簡単:クレジットカードのような厳格な審査がなく、銀行口座を持っていれば簡単に発行されます。
  3. 国際ブランドの利用:VISAやMastercardなどの国際ブランドと提携しているため、国内外で広く利用できます。
  4. ポイントや特典も付く:クレジットカードほどではありませんが、一部のデビットカードでは利用に応じてポイントが付与されることがあります。
  5. 予算管理ができる:口座に入っているお金以上を使うことはできないために、デビットカードだと使いすぎるという心配などありません。
  • ネットショッピング:クレジットカードと同じように、インターネット上で商品やサービスを購入する際に利用できます。
  • 公共料金の支払い:電気やガス、水道などの公共料金の支払いに利用することができます。
  • 海外旅行:国際ブランドと提携しているデビットカードは、海外でも利用できます。
  • 日常の買い物:食料品の購入やレストランでの食事など、日常生活での支払いに使えて便利です。
  • ETCカードとしては使うことができません。
  • ローンとして分割払いは使えなく、支払い回数は1回払いのみです。

デビットカードはその手軽さと管理のしやすさから、特に予算管理を重視する人や、クレジットカードの審査に不安がある人には適しています。

また、クレジットというと借金という印象が拭えない人は、現金を持たないで即刻引き落としなために、現金と同じような感覚で使うことができるので安心感があります。

デビットカードは、銀行口座とセットになっているために、大手の銀行であれば口座と共にすぐに作ることができます。

ソニー銀行はネット銀行であることから、ネットでお金の管理をしながらデビットカードとして使えるので便利です。

大人の休日倶楽部ジパングカードは、日本のJR各社が提供する、65歳以上の方を対象とした会員制のクレジットカードです。

このカードは、中高年層の人に鉄道を利用しての旅行を楽しんでもらえるような目的として作られています。

  • 会費:年会費が必要で、「大人の休日倶楽部ジパング」会員になると『ジパング倶楽部』会報が発行され、様々な特典が提供されます。
  • 特典:JRの指定席が割引料金で利用でき、特定のホテルや観光施設での割引、旅行商品がお得に購入できるなど、旅行に関連する多彩な特典があります。
  • カードの種類:クレジット機能付きのものや、Suicaなどの交通系ICカード機能を組み合わせたものなどがあります。
  1. 旅行がお得になる:JRの列車を利用する際に割引が適用され、旅行費用を節約できます。
  2. 旅行の便利さが向上:事前に指定席を予約できることで、旅行の計画が立てやすくなります。
  3. 関連施設の割引:提携しているホテルや観光施設での割引が受けられるため、旅行をトータルで楽しむことができます。
  4. 限定サービスへのアクセス:会員限定のツアー旅行や趣味の会のプランやイベントに参加できる特典もあります。
  • JR各社によって提供されるサービスの内容が異なる場合があるため、利用する地域のJR会社が提供する詳細な特典内容を確認する必要があります。
  • このクレジットカードは、高齢者を対象にしているのですがクレジットカードを申し込むために年収などを記載する欄があり、条件によっては審査に落ちる場合があります。

シニアライフを豊かにするための一つとして、クレジットカードの上手な活用が挙げられます。

年を重ねるごとに生活スタイルは変化し、時間やお金の使い方にも新たな可能性が広がります。

そんな中、クレジットカードはシニアにとって、ただの支払い手段を超えた価値を提供します。

クレジットカードを使うことで、ショッピングや日常の支払いの便利さです。

多くのクレジットカードには、旅行保険が付帯していたり、飲食店や宿泊施設での割引が受けられたりと、シニアライフをより豊かにするための特典が満載です。

また、ポイント還元やキャッシュバックの仕組みを上手く利用すれば、日々の支出を少しでも節約することも可能です。

シニアの人が外出する際には、クレジットカード一枚あれば、多額の現金を持ち歩くリスクを避けられます。

特に旅行時には、クレジットカードがあれば、予期せぬトラブルにも対応しやすくなります。

例えば、急な病気や怪我をした時に必要な医療費の支払い、失くした荷物のトラブルなど、旅行保険がカバーしてくれる場合があります。

また、クレジットカードはネットショッピングをより身近なものにします。

重い荷物を持ち帰る必要がなく、自宅にいながらにして、日用品から趣味のアイテムまで、あらゆるものを手に入れることができるのです。

使いすぎに心配だという人にとっても、クレジットカードを利用することで、支払いの記録が残り、家計管理にも役立ちます。

利用限度額や支払い条件をよく理解し、無理のない範囲で利用することが大切で、使えるからと必要ないものまで買ってしまうのは、資産管理ができていないということです。

クレジットカードは、シニアライフをより楽しく、そして快適にするための強力なツールとなることから、上手に活用することで、日常生活に彩りを加え、より充実した時間を過ごすことができるのです。