高齢者の経済的自立と国が直面する課題

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

日本は、世界の中でも高齢化が最も早い速度で進んでいます。

国連の定義によれば、65歳以上の人口比率が7%を超えると「高齢化社会」とされますが、日本はこの比率をはるかに超え29、1%が高齢化率で、約3人に一人が高齢者ということで、今や「超高齢社会」に突入しているのです。

この現象は、医療技術の進歩と生活水準の向上により人々の寿命が延びた結果であり、一見すると人類の大きな成果と言えますが、同時に、経済的、社会的な多くの課題をもたらすことになりました。

特に深刻なのが、高齢者の経済的自立の問題です。

長寿化により、退職後の生活期間が長くなる一方で、公的年金制度だけではその長い期間を賄うには不十分という現実があります。

公的年金の支給開始年齢の後ろ倒しや、支給額の減少傾向は、高齢者個人の経済的な自立をより一層困難なものにしています。

これにより、多くの高齢者が経済的な不安に直面し、快適で充実した老後を送ることが難しくなってきたのです。

また、高齢者の雇用機会の制限、再就職の難しさ、健康問題や介護が必要になるケースの増加など、経済的自立を妨げる要因は多岐にわたります。

さらに、日本の家族制度などの価値観が変わって、高齢者の社会的孤立が浮き彫りにされてきました。

このように、今の日本が抱える高齢者の問題は、単に経済的な問題に留まらず、社会全体の持続可能性に関わる深刻な問題となっているのです。

今回のこの記事では、高齢者が経済的に自立するために直面している課題と、その解決策について考察してみることにします。

高齢者が直面する最大の問題の一つは、公的年金に依存して生活するしかないといった高齢者の経済的現状です。

しかし、その年金だけでは生活費を賄うのが難しい現実があります。

物価の高騰、医療費の増加、そして年金受給額の実質的な減少が組み合わされ、多くの高齢者が経済的な不安に直面しています。

そして、健康や介護に関する問題も高齢者の生活に大きな不安を与えているのです。

高齢者で介護が必要になった場合、その費用は家族や本人にとって重大な負担となります。

しかし、家族構造の変化により、以前のように家族内で高齢者を支える体制が取りにくくなっているのも事実です。

そうなると、歳を取っても自分のことは自分でやらなければならないということを考えると、高齢者は公的年金の収入だけでは、医療費や介護費などといったものが支払えなくなって、経済的に行き詰ってしまい老後破綻になってしまうのです。

高齢者が経済的自立を達成するためには、自立の基盤となる収入を考えなければならないのですが、それには、若い時から老後のために準備した十分な貯蓄と、資産運用ができていなければならないのです。

だからと言って、退職金などを投資に回したり、上手い儲け話に乗ってしまうという、短期で収益を考えれば、必ずリスクが伴うことから、せっかくの経済的自立も逆行する結果になってしまいます。

NISAなどの運用は、ハイリスクハイリターンではなく、長い期間を地道にお金を運用していくことが大事なことなのです。

そこで、定年退職後でも元気なうちは働くという考えを持つことが必要になってきます。

働くということは収入を得るだけでなく、社会とのつながりが保たれ、働く生きがいが生まれることから、老後になっても元気なうちは働くということをして、経済的な自立をすることが大事なことなのです。

また、公的年金以外にも、私的年金や個人年金保険への加入も、将来の収入源を増やす一つの方法で、公的年金だけではカバーしきれないものを補うための補完的な手段となります。

さらに、高齢者が経済的自立を実現するためには、医療や介護サービスといった福祉の無料化を政府は考えてもらいたいと願っています。

公的年金は、退職後の収入源として中心的な役割を果たし、高齢者が基本的な生活費を賄うことを可能にしますが、公的年金には受給額における大きな格差が生じています。

厚生年金に加入している人が貰える平均受給額は、15万円前後とされているのに比べて、自営業などの人が加入する国民年金の平均受給額は6万円前後とされているからです。

このような状況の中で、高齢者の経済的自立というのは、人によっては不可能と言わざろう得ないのです。

そこで、公的年金だけで生活できない人に対して、福祉制度の活用をすることで経済的自立の手助けをします。

高齢者が経済的自立を達成し、生活できるよう支援をするための重要な役割を担っています。

これらの制度は、医療、介護、生活保障など、高齢者のニーズに応える多様なサービスを提供することで、高齢者の生活の質を保持し向上させることができるのです。

しかし、これら政府の福祉制度は複数の問題点に直面しています。

まず、高齢化の進行に伴い社会保障費の増大は、制度の持続可能性に疑問を投げかけているのです。

そして、公的年金の支給は、現役世代の負担能力と経済状況に大きく依存しており、少子高齢化が進む日本では、将来にわたって安定した支給を保証することが難しくなってきています。

それを補うのが税金であり借金なのですが、借金は次の世代に負債を先送りするだけで、若者たちに借金を押し付けるという結果になってしまっているのです。

そのように考えると、高齢者が公的年金だけで生活できないからと、現行のままでは福祉保障制度に依存するということは簡単に考えることをしてはならないということになります。

高齢者が安心して暮らせる世の中にするためには、抜本的な法改正により、政府も新たな対策を考えてもらいたいと願います。

高齢者が置かれている現在の立場は、元気なうちは働くという考えを持って、節約などをして公的年金の範囲内で生活するということをしなければなりません。

そして、政府には、年金制度の再構築や高齢者向けの雇用創出など、適切な政策の策定が求められています。

企業は年齢において高齢者を切り捨てるということではなく、高齢者の豊富な知識と経験を生かし、能力に応じた高齢者の雇用を促進させる役割があります。

高齢者が経済的自立を達成するためには、再雇用で柔軟な働き方ができるようにしなければなりません。

時間や場所といった、フレックスタイムを導入したり、テレワークや時短勤務など、高齢者が長期にわたって社会参加が続けることができるような、働き方を提供することを考えなければならないのです。

このような柔軟な働き方で、高齢者が社会参加できるような環境を整えれば、高齢者も安心して老後を生きることができます。

高齢者が経済的に自立して生活していくためには、政府、企業、そして高齢者本人が包括的な解決策を模索して努力する必要があります。

高齢者の経済的自立は、働くばかりでなく、若い時から貯蓄と資産運用を考えておかなければなりません。

資産運用は、高齢者が経済的自立を促進する上で重要な役割を果たすからです。

資産運用に関する正しい知識と情報を知ることで、高齢者自身が自らの資産を有効に管理し、増やすことができます。

これには、投資の基本的な原則や、リスク管理、さまざまな投資商品に関する知識を勉強しなければならないのです。

お金のことを知らないで、投資という無謀な行為をすれば痛い目に遭ってしまいます。

公共機関や金融機関が主催するセミナーやワークショップなどを通じて、高齢者が安全かつ効率的に資産を運用するためのスキルを身につけることが、資産運用をするためには必要なことなのです。

年間255講座、累計41万人以上が受講したお金の学校定番講座「お金の教養講座」

高齢者の経済的自立を考えなければ、この国は高齢者にとって住みにくい国になってしまいます。

なぜなら、少子化などで経済的に高齢者を支えることができなくなれば、高齢者の貧困率の増加により自殺者が出る結果になりかねません。

一刻も早く政府は、新しい手段で高齢者の経済的自立をサポートするか、高齢者自身も、自分が活躍できる仕事を見つけたり、今からでもお金のことを勉強して、資産運用の方法で自分の生活を守るということを考えることが大事なことになるのです。