記事内に広告が含まれています。

高齢者を詐欺から守る

高齢者を狙った詐欺が増加しています。

詐欺師の手口も巧妙化し、多くの高齢者がその犠牲になっています。

高齢者は他人を疑うことをしないことや、独り住まいで孤立していることから、詐欺師にとって絶好なターゲットとなっています。

ここでは、高齢者が直面する詐欺の実態と、それに対する予防策を考えてみます。

なぜ高齢者は狙われるのか

高齢者は詐欺師から見れば理想的なターゲットです。

なぜ高齢者が狙われるかというと、その理由はいくつかありますが、ここでは主に2つの背景を挙げてみます。

第一として、高齢者はお金を持っていないようで、何かのためにと現金を貯め込んでいます。

子供が困ったときや、大変なここ一番という時に役立てたいと思って貯蓄をしているのです。

これを詐欺師から見れば狙いを定める良い条件になります。

長年にわたる労働から退職金や年金、貯蓄など、高齢者が貯めているお金は詐欺師からすれば宝の山なのです。

第二に、高齢者は技術的な変化についていくのが難しい場合があります。

インターネットの利用やスマートフォンの操作など、詐欺師はこのような状況を利用し、高齢者を騙すために巧妙な手口を使います。

さらに、複雑な話をされると分からなくなってしまい、理解されないまま相手の口車に乗ってしまうのです。

例えば、孫からの電話や架空の公的機関からの連絡を装った「オレオレ詐欺」や、個人情報を盗む「フィッシング詐欺」などは、いろいろな方法を考えて、高齢者を言葉巧みに誘導して、銀行などのATMの操作でお金を振り込ませるように仕向けるのです。

しかし、最近では高齢者が銀行での振込に対して、銀行職員が不審に思うことから、だいぶ減ってきているということです。

そこで、コンビニで電子ギフトカードを買わせて送らせたり、高齢者の自宅にキャッシュカードや現金を取りに行ったりして、次から次と新たな手口を考えてきます。

警察が発表している詐欺の手口について

オレオレ詐欺というのは一昔前のものですが、これも進化を繰り返し行われていて、今ではなりすまし詐欺と呼ばれています。

色々な人間になりすまして騙そうとすることからそう呼ばれています。

なりすまし詐欺には、子供が勤めている会社の上司になったり、警察官や弁護士、役場の職員や裁判官などになりすましてお金を取ろうとします。

手口としては子供や孫になりすまして、事故やトラブルに巻き込まれたと偽装します。

そしていろいろな人間になりすました者たちが電話口に現れ、言葉巧みに信じ込ませて高齢者を追い込んでいくのです。

高齢者は権威性の人間に弱いことや、他人を疑わないという善意を利用して、高齢者を信じ込ませてしまうのです。

また、未払いの税金や突然の口座問題などを挙げ、高齢者に怖さや焦りを感じさせ、お金を振り込ませます。

時間がないとか、すぐにお金を用意しなければ大変なことになると言って、考える暇を与えないまま話を持っていくために、高齢者は冷静さを失って指示通りにしてしまうのです。

後になって、冷静になって考えてみるとどうして騙されたのだろうと不思議に思うのですが、詐欺師は色々な心理的な手法を使うことから、詐欺には気をつけるということは分かっていても、結果的に相手を信じ込んでしまい騙されてしまうということになるのです。

しかし詐欺には、下調べということで高齢者の自宅に前もって電話をかけてきます。

すぐ引き出せるお金があるかどうかとか、同居している若い人がいるかなどといったことを聞いてきてからターゲットを絞るのです。

詐欺への対策

現代において詐欺師の手口はますます巧妙化し、多様化しています。

インターネットの普及により、なりすまし詐欺、フィッシング、偽の慈善団体、投資詐欺など、新しい詐欺手法が絶えず出現しています。

これらの詐欺に対抗するためには、常に最新の情報を得て警戒心を持つことが不可欠です。

最新の詐欺手法とそれを見分けるための知識は、インターネット上の信頼できる情報源、地元の警察署、消費者団体から得ることができます。

詐欺の最新動向や対処法に関する情報を提供しており、それらを定期的にチェックすることが、詐欺師の一歩先を行くために重要です。

詐欺にかからないための最も効果的な方法の一つは、疑問を持つことです。

例えば、電話やメールでの個人情報の要求に対しては、相手が本当に信頼できる人物かどうかを確認します。

不審なリンクや添付ファイルがあるメールは開かないことだったり、見知らぬ番号からの電話には慎重に対応するようにして、求められた情報をすぐに答えないようにしましょう。

家族間においては、なりすましを防ぐために合言葉を決めておくということも対策です。

また、家族や友人と詐欺の手口や被害に遭わないための対策を定期的に話し合ったり、一人ひとりが警戒心を持つことで、相談できる人がそばにいるということも安全性を高めることができます。

情報を常に更新し、健全な疑問を持つこと、そして近くに相談者などがいて、社会的なつながりを持つことが大事なことです。

これらは現代社会において詐欺から身を守るために必要で、高齢者の一人暮らしにおいても高齢者を社会から孤立させないように安全な環境を作り上げていくことが、詐欺に騙されないような社会を作ることになります。

詐欺から身を守るために

高齢者が「自分は絶対に騙されない」と自信を持っていることは、自立心と自尊心の表れですが、詐欺師の手口は非常に巧妙で、誰もがその犠牲になる可能性があります。

このような過信は危険を招きかねませんので要注意です。

そこで、家族やコミュニティが一丸となり、高齢者を詐欺から守るための教育とサポート体制を整えることが不可欠です。

詐欺に対する警戒は、まるで低学年の子供に交通ルールを教えることに似ています。

基本的であっても、知識と注意を常に新鮮に保つことが重要です。

家族は定期的に集まり、最新の詐欺事例やそれを見抜くための方法について話し合い、情報を共有するべきです。

このような対話は、高齢者自身が危険に気づき、適切に行動する能力を高めます。

また、家族は高齢者が詐欺や疑わしい事案に遭遇した際に、ためらわずに相談できる体制を整えることが大切です。

これには、常にオープンなコミュニケーションを保ち、高齢者が自分の不安や疑問を安心して話せる環境を作ることと、高齢者の一人暮らしであっても孤立させないということが大事なことです。

健全な社会はみんなが助け合って生きていくということで、住みやすい世の中を作るということになるので、みんなで一致団結して詐欺の撲滅対策を考えていきましょう。