記事内に広告が含まれています。

高齢者が直面する遺品整理について

実家に住む一人暮らしの母親が亡くなったという知らせがAさんに入りました。

Aさんの母親は86歳になるのですが、元気なうちは一人暮らしがいいと実家で暮らしていたのですが、庭で倒れているのを近所の人が見つけて、そのまま救急搬送されたのですが息を引き取ったということです。

Aさんは長男なのですが、就職で都会に出てきていて、毎年一回は家族で実家に帰ることはあっても、元気だからと母親の一人暮らしを認めていました。

ただ、自分もあと2年で定年退職になるので、そのときは実家に戻っても良いと考えていたのです。

葬儀が終わって、姉弟が集まり相続について話し合われました。

財産らしい財産はなく、残されたのが自分たちが生まれ育った実家の家をどうするかということになったのです。

田舎町であるために、家の評価額は僅かであったために、姉弟同意の上で長男であるAさんが相続することになりました。

Aさんも、老後は実家のこの家で住みたいと思っていたからです。

勤めていた会社を早期退職して、Aさん夫婦で実家に移り住むことになりました。

Aさんの子供は都会に残したまま、夫婦だけの暮らしです。

しかし、そこからが、Aさんにとっては大変でした。

母親の残した家財道具や遺品をどのように整理すれば良いのか、家の中の物を何から手を付けていいか困ってしまったのです。

遺品整理や不用品の片付けは大変な作業なので、時間とエネルギーを無駄にしないための方法があります。

遺品整理は、亡き人が遺した形見であるために、大切に扱い感謝の気持ちを持ってその人を偲びながら整理しなければなりません。

遺品整理をすることは身内にとっては心の整理であり、喪失感や悲しみと向き合う大切な時間でもあるのです。

一方、不用品片付けの場合は、物理的な環境を整え、生活の質を改善するための仕分け作業です。

きちんと片付けられた環境は、快適さを提供することから黙々と仕分けることをしなければならないのです。

したがって、遺品整理と片付けは同じような作業ですが、まったく違うものと言えます。

遺品整理は決して容易ではありませんが、大切な人の思い出を尊重し、生活環境を改善するためには必要なステップなのかもしれません。

遺品整理における片付けは、心の平穏と物理的な安定を同時にもたらし、新たなスタートが始まるプロセスとなるのです。

遺品整理は、亡くなった大切な人が遺した品物を整理し、その人の人生や遺された物への思いを尊重する重要な作業です。

ここでは、遺品整理を始める前に知っておくべき基本的なことを分かりやすく解説します。

まず最初に、遺品整理は感情的に難しい作業であることを理解することが大切です。

大切な人の遺した品々には、数多くの思い出が込められていて、自分自身の感情を理解し、残すべき物と整理する物を仕分けることをしなければなりません。

Aさんにとっては残されたものがすべて思い出の品になるので、判断に時間がかかるのも仕方にことですが、その点、奥さんは自分が育ったところではないので、必要なものと必要でないものとが事務的に分類できるので、このような場合は第三者に任せることも必要です。

整理作業を始めるにあたり、まず必要な道具を準備します。

段ボール箱、マーカー、手袋、ゴミ袋など、これらは作業をスムーズに進めるための基本的なアイテムです。

作業を進める際には、大まかな仕分けから始めることが効果的です。

故人の品を「保管するもの」「寄付するもの」「処分するもの」と、三つのカテゴリーに分けます。

この仕分けは、スムーズに作業するためと、残りの作業をより分かりやすくするためです。

部屋ごとに整理を進めることで、作業を段階的に分け、一度にすべてを行うのではなく、各部屋で保管するもの、寄付または処分するものを決定し、重要書類や貴重品などがないか、注意を払いながら進めます。

遺品整理は必要なものと不要なものをに仕分けることが難しいのは、自分にとっても思い出の品であるからで、はかどらないこともあるのですが、時間をかけてゆっくりでもいいので諦めないで行なってください。

故人との思い出が詰まった写真や手紙などは、デジタル化することで物理的なスペースを取らずに保管することもできますので、思い出の品はとりあえずは残しておきます。

遺品整理の過程で、物品の処分と寄付を行うことは、故人の物を尊重し、社会に貢献する方法として重要です。

まず、不用品の処分について考える際、地域のゴミ収集の出し方を確認することが重要です。

多くの自治体では、粗大ゴミの回収やリサイクル可能な物の分別収集など、特定のルールに従って廃棄物を処理するよう求められています。

故人の家財道具や衣類、その他の日用品を処分する前に、これらの分別を理解し、適切な方法で廃棄することが大事です。

一方、寄付については、状態が良く再利用可能な品を選び、地域の寄付センター、リサイクルショップ、非営利団体などに提供することを検討します。

メルカリなど、手間がかかるかもしれないのですが、状態の良いものは売ることもできます。

衣類、本、家具、食器など、他人の役に立つ可能性のあるアイテムは、新たな所有者にとって価値あるものとなりえるからです。

さらに、故人のコレクションや絵画など、価値が不明な物については、専門家の評価を受けることを検討してください。

これらの物が意外な価値を持っている可能性があるため、むやみに処分するだけでなく、専門的な知識を求めることも重要です。

遺品整理を業者に頼む場合は、信頼できる業者を選んでください。

価値あるものを捨ててしまったり、どうせ必要ないだろうと横流しをしてしまう業者もいます。

業者によっては依頼主に寄り添ってくれて、不用品の中から思い出の品などを残してくれるところもあることから、第三者に頼む場合は、信頼のおける遺品整理士認定の業者を選ぶことをお薦めします。

時間がかかったかもしれないのですが、すべての作業が終わった時に、あなたの心に清々しさが残って、達成感と同時にやって良かったという思いが生まれるはずです。

Aさんも、大事な思い出の品物と不要なものの整理することができて、これから夫婦で新たな生活をする上で、気持ちよく実家暮らしのスタートを切ることができました。

親が死んで郷里に残された家が、空き家のまま放置されずにAさん夫婦が引き継ぐことになったのですが、郷里に残された家が相続されても誰も住む人がいないまま廃墟化されるケースが、日本の地方の各地に起こっています。

子供たちが都心に出たりして、それぞれが家庭を持って、そこで暮らしているからです。

郷里に残されたお墓の問題も、引き取り手がないまま放置されるというのが現状です。

空き家問題は、地方と都会との違いがあるのでしょうが、日本全国で空き家が増えています。

特に地方の家屋がこのような運命を辿る原因は、地域から若者が都心などに出て行ってしまい、その結果、実家に戻って来なくなって、家を相続しても実際には住む人がいなくなってしまうということです。

この若者の都心への流出は、仕事や教育、生活の利便性を求める動きによって加速され、結果として多くの地方の家が無人となってしまうのです。

さらに、過疎化が進む地域では、空き家となった物件に対する需要がほとんどなく、買い手が見つかれば放置されずにすむことから、空き家バンクという、田舎暮らしを望む人に、空き家を購入してもらうように情報を提供して移住を呼びかけているシステムがあります。

また、若者を地方に呼び込むために、補助金や税制上の優遇措置を提供して、過疎化にならないように、空き家をリフォームして住宅として安く貸し出すということをしている自治体もあります。

だからと言って少子化などと相まって、空き家は増え続けており、地方に人はいなくなるという限界集落ならぬ、限界都市という現象が起こりつつあるのです。

このように、地方の空き家問題は、単に経済的な側面だけでなく、人口動態や社会の変化、地域の活性化の度合いなど、さまざまな要素が複雑に絡み合っています。

解決策を見つけるためには、これらの要因を総合的に理解し、地域社会の実情に合わせたアプローチが求められているのですが、このままだと日本は都市部だけが過密して、地方は荒廃した所になってしまいます。

地域の活性化や、空き家の有効活用策の推進、経済的な支援の充実など、複合的な対策を講じることで、この問題に対処していくことをしなければ、簡単には解決しない問題でもあるのです。