記事内に広告が含まれています。

高齢の親の介護

A子さんは結婚しないで一人暮らしをしながら経理事務の仕事で働いています。

A子さんには、一つ心配なことがあります。

それはA子さんの両親のことです。

78歳になるA子さんのお父さんが、朝起きて突然、脳梗塞で倒れ入院することになったのです。

幸い一命をとりとめたのですが、半身に麻痺が残る状態で、車いす生活を余儀なくされる結果になりました。

高齢者の親の介護は、家族にとって避けて通れない課題の一つです。

二週間後、A子さんのお父さんは、半身マヒの状態で救急病院から、今後はリハビリ病院で治療するようにと言われました。

緊急性の容態は脱したことから、ここの病院ではこのまま入院はできないということのようです。

そこで家族会議がもたれて、家に引き取るか、療養病院に転院するか、介護施設に入るかということになったのです。

A子さんは実家を出て独り身なためにアパート暮らしをしていて、親を引き取って面倒を見るということはできません。

実家に帰るにしても、実家から今の勤め先までは遠く、介護をしながら仕事をするということはできないということです。

A子さんには弟がいるのですが、弟は結婚していて両親を引き取ることはできなく、実家に戻るということもできないということで、どうするかということが家族会議では結論が出ませんでした。

高齢者の介護は精神的に大きな負担がかかります。

もし身内が介護が必要になったらあなたはどうしますか。

なにからしていいのか、どう対応すればよいのか迷うことも多いでしょう。

今回のこのブログでは、介護の始め方、家族の協力の仕方、介護者のケアの方法など、高齢者の介護における日々の疑問や悩みを解説してみます。

介護が必要になる状況は通常、急なものであり、家族は突然の変化に対応する必要があります。

A子さんの父親の例のように、急な病気や事故によって介護が必要になることは珍しくありません。

このような場合、最初のステップとしては、患者の医療的ニーズを理解し、医師や専門家と緊密に連携することが重要です。

退院が近づくと、家族は患者が必要とする介護のレベルと種類を理解し、適切なケアする計画を立てる必要があるからです。

初めての介護に戸惑い、何をすれば良いのかわからないと感じる方も多いでしょう。

ここで大事なことは、父親の健康状態や日常生活での困難な点を理解することです。

何ができて、何が難しいのかを把握することから考えてみることにします。

病院には医師やケースワーカー、ケアマネージャーなどの専門家がいることから、病状や今後の状況を相談することで、これからの方針を決めることができます。

これには、在宅介護が可能か、または専門の介護施設が適切かなど、さまざまな要素を考慮に入れることが含まれます。

家族だけでの判断は難しい場合があるので、必要なサポートやアドバイスを専門家から受けることが大切なのです。

介護は家族にとって複雑で困難なプロセスなので、適切な計画、コミュニケーションを通じて、家族はこの挑戦を乗り越えなければならないのです。

介護は精神的にも肉体的にも大きな負担を伴うため、必要に応じて介護する人においてもサポートをすることが重要です。

介護を誰かひとりに押し付けるのではなく、家族みんなで担うという考えで、介護の困難と向き合うことが大事なことなのです。

A子さんの事例を例に挙げると、彼女の家族は、突然の介護の必要性に直面し、即座に解決策を見つけなければならなくなりました。

特に、高齢の父親が重度の医療ケアを必要とする状況下で、家族間での意思疎通と協力が必要となります。

まず、家族はどのようにして介護の責任を分担するかを決定しなければなりません。

この過程では、各家族の生活状況、仕事、金銭的能力、さらには精神的な負荷の許容度を考慮に入れる必要があります。

A子さんは独り暮らしで、親の面倒を見ることは現実的に困難です。

一方で、弟も自身の家庭があり、同様に両親を引き取ることができません。

このような状況では、家族は介護施設の利用や在宅介護の支援サービスなど、他の選択肢を検討する必要があります。

さらに、家族は介護に関連する法的および財政的な課題にも直面します。

これには、介護保険の適用、医療費の管理、必要な介護サービスや設備の手配が含まれます。

これらの手続きは複雑で時間がかかることがあり、早めに始めることが肝心です。

地域の社会福祉事務所や介護支援専門員に相談することで、必要な情報やサポートを得ることができます。

このように、介護の始め方は、医療的なニーズの理解から行政手続きなど、情報収集をして幅広く考えなければなりません。

介護の経済的負担は、家族にとって大きな懸念材料です。

介護には多額の費用がかかることがあることから、法的支援を得ることが必要です。

介護保険や公的支援制度の利用など利用可能な支援制度について十分に情報を収集し、適切な申請を行うことをします。

日本の介護保険制度は、40歳以上の全国民に適用され、要介護状態にある65歳以上の高齢者が介護サービスを利用することができます。

そのためには、市町村の地域包括支援センターの窓口で要介護認定の申請を行い、審査を受ける必要があります。

このプロセスを通じて、介護サービスの利用料金が一部負担されるため、経済的な負担を軽減することができます。

公的支援制度の利用も考慮に入れるべきで、低所得者向けの介護給付や障害者支援など、市町村や福祉事務所が提供する様々な制度が存在します。

これらは介護費用の軽減など市町村が支援を行いますが、地域によって条件や手続きの詳細が異なるため、住んでいる地域の情報を確認し、適切な手続きを行う必要があります。

詳しくは、自分が住んでいる市町村の福祉課などで聞いてください。

また、介護費用の計画と管理は家族にとって最も重要です。

介護サービスの利用料金だけでなく、医療費、生活用品、介護用品のレンタルなど、介護に関わる様々な費用を見積もる必要があります。

将来必要になる介護サービスの種類や範囲にも考慮して、それに伴う費用を計算します。

介護費用や介護サービスの計画は、地域のケアマネジャーによって、要介護者に合わせたサービスを受けられるようになっています。

介護期間が長引けば長引くほど、介護を行う人の精神的負担は増大します。

特に、在宅で介護をする場合、家族の誰かに負担がかかると、その人の心のケアが不可欠です。

介護者は定期的に休息を取ることの重要性を認識する必要があります。

継続的な介護は肉体的および精神的なストレスを引き起こす可能性があるため、リフレッシュする時間を確保することが大事で、長期的なケアの持続性を保つためには、介護者が倒れてしまってはならないからです。

例えば、定期的に趣味の時間を持つとか、散歩をするとか、または友人と過ごすなど、介護者の肉体的精神的負担を減らすためにも介護者の息抜きが必要です。

疲れたときにはそれを認め、必要に応じて家族や友人に相談することが助けになります。

また、介護者は完璧を求めないことを学ぶ必要があります。

誰もが限界を持っており、時には手助けを求めることが最善の策です。

サポートを求めることは弱さではなく、むしろ賢明な選択となりえます。

地域のサポートグループに助けを求めたり、ケアマネージャーや包括支援センターに相談したりすることで、介護の負担を軽減することができます。

さらに、介護者は時にはカウンセリングや心理療法を受けることで、ストレスや燃え尽き症候群のリスクを減らすのに役立ちます。

燃え尽き症候群とは、今まで張り詰めていた気持ちが、突然やる気を無くしてしまう症状で、介護の成果がなかなか現れないと、何もかもやる気が起きなくなって介護放棄をしてしまうのです。

うつ病の一種で、自分の限界を超えて無理に頑張りすぎて、努力に見合った結果が出ないために心が折れてしまうのです。

介護は長丁場の戦いであるので、努力したから良くなるということではなく、介護に向き合うという気持ちでいなければなりません。

従って、家族の介護をする場合は、ホームヘルパーさんなどの助けを借りながら、無理しないように行うということがストレスを溜めない働き方になります。

介護は一人で行うものではなく、適切なサポートと自己ケアを通じて、介護者自身もバランスを保つことが重要です。

そして、家族間でもお互いを理解し合いながら、誰かひとりに介護を押し付けるのではなく、家族みんなで介護を担うべきなのです。

介護への心構えと前向きな取り組みは、家族にとって介護の経験をより良いものに変える鍵となります。

介護を始める際、最も重要なのは家族の間でオープンな考えと柔軟性を持つことです。

介護の状況は日々変わる可能性があり、予期しない状況に適応する必要がしばしばあります。

そのため、事前に完璧な計画を立てようとするのではなく、状況に応じて柔軟に対応することが大切です。

そして、介護はチームワークです。

一人ですべてを背負い込むのではなく、家族、友人、専門家などのサポートを積極的に求めることが重要です。

家族間での役割分担、定期的なコミュニケーションなど、それぞれが勝手な思いで言うのではなく、みんながお互いを理解しながら話し合うことで、家族全員でこの介護を共有して家族間の関係を深めるのです。

介護のプロセスを通じて、感謝と思いやりを持つことが重要です。

介護される人は、かつて家族の大黒柱として働いて、みんなを育て家族を守ったのです。

以前の役割が逆転し、今度は親を見守る立場になりました。

お互いへの感謝の気持ちを忘れず、要介護者の尊厳と自立を尊重しながら、できるだけのことをしなければならないのです。

介護の経験は家族の絆を強化し、新しい学びや成長の機会を提供してくれます。

そして、介護を通じて家族間で共有される愛情、サポート、関係性をより深いものにすることができます。

このように、前向きな心構えと積極的な取り組みによって、介護は単なる負担ではなく、家族としての成長と絆の強化の機会となるのです。

今回、A子さんの父親は、リハビリ病院に入院させてから、ある程度の歩行などの回復が見られたら、実家に戻って老老介護ではあるのですが、母親が面倒を見るということになりました。

実家の近くのデイサービスなどを利用しながら、ヘルパーさんなどと一緒に介護をして、休みの日などはA子さんや弟さん家族が顔を出し、母親の負担を少しでも減らすような体制で、家族全員で父親の介護をしようということになったのです。

家族での介護は一緒に困難を乗り越えることで、日々の小さな助け合いにより、家族の絆がより深まる経験です。

介護は大変ですが、みんながお互いを支え合うことで、家族としての強さが生まれてくるのです。